「えっ!どうしたの?」手術を終えた息子のところにかけつけたところ…!? #2歳児の手術入院 11

「2歳児の手術入院」第11話。いびきがきっかけで耳鼻科を受診し、鼻の道に大きなアデノイドがあることがわかった2歳のはるくん。病院で手術を受けました。2時間後、手術が終わったとの連絡を受け、咲花さんははるくんのところへ駆けつけました。すると……。

 

 

続きを読む

はるくんの涙のワケは…

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

2歳児の手術入院 第11話

 

 

無事に手術が終わったはるくんですが、口の痛み、嘔吐、発熱に苦しみ、号泣でした。さらに、翌朝は「いない……っ」と泣き出すはるくん。はるくんのお人形がいないと言うのです。

 

と、そんなとき、看護師さんから、個室が空いたと教えてもらいました。咲花さんは、大部屋から個室へ移動することにしました。すると、いままでできなかったような遊びが思い切り、のびのびとできるようになり、はるくんはご機嫌に。

 

しかし、日中は、ニコニコして喜んでいたはるくんですが、寝る前や深夜になると再び「いない……っ」と泣き出します。

 

咲花さんが声をかけると、今度はお人形ではなく、パパとばあばばいないことが寂しいと言うはるくん。そしてこの日から毎日「寂しい」と泣くように。

 

咲花さんはそんな姿を見て切ない気持ちになりつつ、ただただ受け止めて寄り添うことしかできませんでした。

 

◇   ◇   ◇

 

大人でも手術後の入院生活はからだが思うように動かず、また家族に会えないのはつらいものですよね。2歳のはるくんにはなおのことだったはず。1日も早く回復して退院できるといいですね。

 


監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター咲花

    関東在住の会社員。2018年8月生まれの息子のママです。元気いっぱいのはるくんの育児エピソードをインスタでゆる〜く更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    • 通報
      すごく大変だったと思うし、はるくん手術頑張ったね!って切ない気持ちになったけど、子供の入院先の病院は付き添い入院は個室しかさせてもらえなかったり、個室も制限あって希望すら出せなかったりして、うちの子含… もっと見る
      すごく大変だったと思うし、はるくん手術頑張ったね!って切ない気持ちになったけど、子供の入院先の病院は付き添い入院は個室しかさせてもらえなかったり、個室も制限あって希望すら出せなかったりして、うちの子含めて寂しくて大泣きしてる子達を毎日見てる身としては、羨ましいなとさえ思ってしまいました...

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP