「真似したかった!」子どもの入院に付き添うママの食事って?人様の食事に目から鱗! #2歳児の手術入院 12

「2歳児の手術入院」第12話。いびきがきっかけで耳鼻科を受診し、鼻の道に大きなアデノイドがあることがわかった2歳のはるくんは、手術をすることに。そして手術を終えたはるくんは、嘔吐や発熱がつらく大泣き。さらに、手術の翌日からは、パパやばあばに会いたいと毎日泣くようになりました。はるくんに寄り添い、回復を願うママの咲花さん。

ところで、毎日病院に寝泊まりしている咲花さんは、売店のお弁当にも飽きてきてしまいました……。

 

続きを読む

他のママさんの食事にびっくり

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

2歳児の手術入院 第12話

 

 

手術後、嘔吐や発熱や口の痛みでつらい思いをしたはるくん。心細くなってしまったのか、「パパやばあばに会いたい」と、毎日泣くようになりました。

 

病院食は全然食べてくれなくて、心配ごとは尽きなかったけれど、意外とお昼寝をしてくれたのは安心でした。咲花さんは、はるくんの、パパやばあばに会いたい気持ちに寄り添い、励まします。

 

一方、咲花さんの食事。

 

病院食しか食べられないはるくんの前で何かを食べたら、きっと欲しがるにちがいない。

 

そう思った咲花さんは、「はるくんのゼリーを買ってくるね」と言って、病室の外でごはんを食べます。

 

毎日売店でお弁当を買うのは、飽きるしなかなか値が張るなぁ……。

 

そんなことを考えながら、面会人の共有場所で食べていたとき、ふと、他のママのごはんが目に入りました。

 

レトルトのライスに、チンしたと思われるレトルトカレー。

 

そんな方法があったのか!!

 

これまでお弁当しか買っていなかった咲花さんにとって、目から鱗のアイデアなのでした。

 

◇  ◇  ◇

 

いろいろなおかずが食べられるお弁当もよいけれど、毎日だと飽きてしまいますよね。レトルト食材を活用すれば、バラエティが広がりそうです。洗濯で自宅に帰る際に、ご飯を持ってくれば節約にもなりますね。

 


監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター咲花

    関東在住の会社員。2018年8月生まれの息子のママです。元気いっぱいのはるくんの育児エピソードをインスタでゆる〜く更新中。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      カレーは流石に、匂いで子供にバレそうw
      シチューなら大丈夫かな?

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP