「私は家政婦じゃない!」携帯をいじりながら食事をする夫…ついに爆発!

夫と結婚するまで、私は実家で暮らしていました。私は仕事のため、夜ごはんをひとりで食べることが多かったのですが、私が食事をするときは先に食べ終わっていた父母も一緒に食卓を囲み、会話を楽しみながら食事をしていました。また、父が母に対して「ありがとう」「おいしいね」と言っていることをよく聞いていたので、私にとってはそれが普通の食卓だったのです。しかし……。

「一生懸命作ったのに」食事を「ながら食べ」する夫。不満が爆発した私を見て、夫は…

 

続きを読む

黙々と食べる夫

一緒に夜ごはんを食べているとき、夫は毎日何も言わずテレビを見ながら黙々とごはんを食べるのです。おいしいかな? どうかな?と気にしている私をよそに、何も言わず食べる夫。

 

最初は、黙々と食べているということはおいしいってことなんだろうなと思っていましたが、やはり何も言われないのは複雑です。父と母のやりとりを見て育ったので、余計にそう感じたのかもしれません。モヤモヤした日は私のほうから「おいしい?」と聞くこともありました。

 

聞けば、夫は「おいしい!」と言ってはくれるのですが、私からすると「聞く前に言ってほしいなぁ」と思う日々でした。

 

姉に相談してみたけれど…

そんな日々が続いていたとき、姉に相談してみました。「ごはんをどれだけ一生懸命作っても、私が聞かない限りおいしいと言ってくれない。黙々と食べるだけ。お姉ちゃんのところはどう?」と。

 

すると、姉からは「うちも全然言わないよ。でも黙々食べてるってことはおいしく食べてるってことだから、それでいいんじゃない?」という答えが返ってきました。姉の言葉に納得はしたものの、やはり言葉に出して伝えてほしいという思いは消えずモヤモヤが続いていました。

 

そんなある日、私はついに……!

 

モヤモヤが爆発した

食事は毎日のことなので、栄養なども考え時間をかけて作っています。その日もいつものように食事をしていました。しかしその日の夫は、テレビを見ながらだけではなく、携帯もいじりながら食事をしていたのです。

 

携帯をいじりながらごはんを食べている夫に、私は普段の積み重なったモヤッとが爆発! 「私は家政婦じゃない! 一生懸命考えて作っているのに、なんでテレビを見ながら、携帯をいじりながら食べるの?!」とキレてしまいました。

 

夫はそんな私を見てびっくりしたのか「ごめん。感謝もしているし、おいしいって思ってるよ」と頭を下げてくれました。夫は、言葉に出さなくても感謝が伝わっていると思っていたようです。

 

結婚してみてお互いにわかることはたくさんありますが、思ってはいても言葉に出して相手に伝えなきゃ絶対に伝わらない、ということを改めて学んだ出来事でした。

 

 

夫は結婚するまで10年以上実家を離れ、友人と暮らしていました。しかし、ごはんを食べるときはひとりで食べていたようです。そのため誰ともしゃべらずテレビを見ながら、携帯をいじりながら食事するのが、夫にとっては日常だったのです。

 

他人の2人が結婚して一緒に暮らし始め、共に生活する。自分にとっての普通が相手にとっては普通でないということを忘れてはいけないと思わされました。そんななかでも、今では毎日「ありがとう」「おいしい」と言葉にしてくれるようになり、夫婦にとって楽しい食事の時間になっています。

 

著者/澤井しのぶ
イラスト/sawawa

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      個人的に、別に毎回美味しい美味しい言ってくれなくても、食べてくれるならいい。でもいただきますとごちそうさまでした、ができない、携帯見ながらとか行儀悪いのは絶対無理だな

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP