大学卒業まで1,000万円。教育費の「貯めどき」っていつ?

 

幼稚園から大学まで、1,000万円かかると言われる教育費。あまりに大きな金額に不安になりますが、教育費は「いつ・いくら」必要になるかハッキリしているので、子どもが小さいうちから計画的に貯蓄を始めれば大丈夫!教育費をうまく貯めるコツを紹介します。

 

続きを読む

目標は大学入学までに500万円

教育費1,000万円というのは幼稚園から大学までの総額。一度にまとめて支払うわけではないので、そのときどきで必要なお金を用意することになります。

 

高校までの教育費は、月々の収入から払えるようにし、貯蓄は切り崩さないようにするのが鉄則。教育費のピークは大学で、国公立大学で500万円くらい、私立大学で700万円くらい学費がかかるので、大学資金として500万円を目標に貯めましょう。

 

”貯めどき”を逃さない

教育費には、“貯めどき”があります。一度目は子どもが幼稚園に上がるまで。0〜3歳は、生活費や習い事代がほとんどかからないため、教育費を貯めるいちばんのチャンスです。家計に余裕があるからと、子どもの洋服やおもちゃなどを買いすぎないように注意しましょう。

 

二度目は小学校低学年のとき。公立小学校は授業料が無料で、幼稚園時代より支出が減るためです。小4くらいから塾の出費が増えるので、低学年のうちにどれだけ貯められるかが勝負です。

 

児童手当を貯める

教育費を貯めるのに有効なのが児童手当。中学生卒業までの子どもに月額5,000〜1万5,000円が支払われ、ずっと貯めていけば所得制限以下の世帯では約200万円になります。臨時収入として使ってしまわないように、児童手当の専用口座を作ってコツコツ貯めましょう。

 

学資保険を活用する

学資保険は、返戻率がよく、払い込んだ保険料よりも多く戻ってきます。子どもひとりにつき、300万円くらい受け取れる学資保険に入っておくと、児童手当と合わせて500万円を貯めることができます。

 

教育費は急に貯められるものではありません。生まれた時から計画を持って貯められるように妊娠中から家計について考えてみましょう。(TEXT:妹尾香雪)

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP