「吐き気が…!」20歳で生理症状が急変!まさかの機会で判明した病は…

生理痛が全然なかった学生時代。しかし、20歳を過ぎたころから、重い生理痛、吐き気がするように。急に生理が重くなった原因は、ある病気が関係していたのです……。

「今までと違う」突然生理に変化が!激痛・吐き気に襲われるようになった理由は…?

 

続きを読む

20歳になって生理に変化が!

20歳の元日のことです。わが家では毎年、元旦には祖父母の家に行くことにしており、私もそれを楽しみにしていました。しかし、その日私は生理1日目で、体調が絶不調……。先月までは、多少のおなかの痛みだけだったのに、急に激しい痛みに加え、吐き気までするようになったのです。結局、私以外の家族は祖父母の家へ行き、私はひとりで家に残って休むことにしたのです。

 

最初はそのときだけの食あたりかとも思ったのですが、それ以来、生理のたびに激しい腹痛と吐き気の症状に襲われ、時には会社を休むことも。さらに、生理が悪化したせいで、イライラしたり泣いてしまったりと、感情も不安定に……。

 

ただ、当時の私は「20歳を過ぎて体質が変わって生理が悪化したのかな」と自己判断。そして、生理がつらくてもずっと我慢し続けました。

 

婦人科を受診すると…

その後、私は25歳で結婚し、子どもが欲しいと思うようになってから3年が経ちました。

 

なかなか子どもを授かることができず、「そろそろ病院で診てもらおうか……」と思っていた矢先にようやく妊娠! つわりはありましたが、妊娠後は生理がなくなったことで、生理痛・吐き気・イライラ・情緒不安定といった症状から解放され、「あのつらい症状が毎月ないのは、なんて幸せなんだろう」と思いました。

 

そして、第一子を無事に出産。その後、1カ月健診を受けるため、産婦人科に足を運びました。すると突然、お医者さんから「病院で子宮内膜症と診断されたことは?」と言われたのです!

 

妊娠時の検査では特に何も言われなかったのですが、出産後の検査で「子宮内膜症」だと判明。どうやら、20歳を機に生理症状が悪化したことや、なかなか妊娠できなかったことは、実は子宮内膜症が関係していたようなのです。

 

 

20歳を過ぎてから、生理痛や吐き気、イライラなどは、私にとって生理の「普通」になっていました。生理に関する知識がなかったからだと思います。でも、これは異常なんだということを、婦人科の検査を受けて知りました。

 

私の娘が成長したら、生理痛がひどいのは「異常」かもしれない、と伝えたいです。学校でも、そういった生理症状を相談できる環境を整え、若い世代にも知識を持ってほしいと思いました。

 

現在、私は産後4カ月で生理はまだ再開していません。子宮内膜症については、経過を見ながら治療方針を相談している段階です。今後は、何かおかしいと思ったらすぐに病院に行きたいと思います。

 

文/アヤカさん
監修/助産師REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP