「引っ越し後に発覚した隣人の…!」意外なことがきっかけで続かなかったエクササイズが継続【体験談】

40代も後半に差し掛かるころ、コロナ禍で巣ごもりの日々が始まりました。体形崩れが加速することに恐怖を感じた私は、お試しでオンラインエクササイズに挑戦することに。過去にお家エクササイズで挫折したことがあるので、続けられるか不安でしたが、やはりお試しで断念。汗でベタベタになるのが嫌、面倒くさいなどの理由に加え、夫の在宅勤務の日々が開始したことも要因の一つです。やはり狭い賃貸の一室では限界があると実感しました。それがあることがきっかけでエクササイズに精を出すようになったのです。

 

巣ごもりに限界、一軒家の購入を思い至る

コロナ禍が続き、家族皆がそれぞれ巣ごもりへの限界を感じていました。夫は仕事上、オンライン会議が頻繁にあり、こちらは玄関ドアをパタンと閉めるのにも気をつかう日々。仕事に生活音が入ることに相当神経質になっていました。

 

私は息を潜めつつも、ストレスからお菓子を食べることに走る日々。自分の体形も、ライフスタイルも徹底的に変えなくてはいけない……と強く感じました。

 

それまでにも、賃貸か持ち家かの話題は夫婦間でなんとなく出ていました。そして、今回の巣ごもり生活がその決断へ拍車をかけました。特に夫の行動力はすさまじく、数カ月で希望していた条件にピッタリ合う一軒家の物件に出合えたのです。

 

思わぬ幸運でこの物件に出合いましたが、この出合いについて一度だけ不審に思えたことがありました。ただ条件がピッタリなので、まっしぐらに進んでしまったのです。新しい家になればお家エクササイズが心置きなくできるという思いもありました。「過去、他に希望者もいまして……」という物件担当者の声が後押しし、即日契約。しかし、問題は住み始めてすぐに露見しました。

 

隣人の騒音がきっかけでエクササイズに再挑戦

騒音のイメージ

 

思えば、なぜ内覧日に隣人の出す音を見逃したのか……。引っ越し後に発覚したダイナマイト級の隣人の騒音は、早朝や寝静まった夜に襲ってくることも。私は騒音によるストレスを緩和するため、テレビの音を大きくするなど、付け焼き刃の対応に終始していました。

 

騒音さえなければ天国だったのに……という怒りが湧き起こります。でもそんなとき、亡くなった祖父に「心の中が顔に出る」と言われたことを思い出し、ハッとわれに返りました。そもそもこの引っ越しで私が一番うれしかったのは、心置きなくお家エクササイズができるということ。そこでたまりにたまった怒りとストレスを解放するためにも、お家エクササイズに精を出すことにしました。

 

数年ぶりに「AYAトレ Special Body Method B.B.B Presents AYA’s Training DVD Complete Box」 のDVD6枚セットを出してきました。これは、有酸素運動と無酸素運動を20秒ずつ交互に4セット継続しておこなうものです。DVD1枚の中にlevel1~3まであり、指示どおりに毎日継続して進めると、2カ月目に2枚目に突入します。

 

以前はlevel1でやめてしまったのですが、今回は、毎日継続しておこないlevel3まですべてコンプリート。筋肉痛は想像以上でしたが、これまでの運動不足を痛感しつつも手応えを感じました。

 

その後の自分の変化

ヨガマットと水のイメージ

 

これまではとにかく面倒でなかなかお家エクササイズ再挑戦へのきっかけをつかめずに来ましたが、隣人の騒音が引き金となり、ストレス発散のはけ口として運動を継続したい思いがどんどん湧き起こります。これまでは①目の前にDVDケースを出す。②ヨガマットを引くだけ引いてみる。③DVDをデッキに入れてみる。④何となく、スタートボタンを押してみるが、続かず……。

 

ところが、騒音というトリガーが引かれるやいなや、①まず着替える。②水とタオル、ヨガマットのセット。③迷いなく、DVDスタートボタンを押すことへと変わりました。

 

急に見た目が変わることがなくとも、自分の中の大きな変化を感じています。これまでおっくうで避けてきたことに、さっと取り組めるようになったこと。エクササイズをしない日はスッキリせず、休み休みでも継続が可能になってきたこと。また、今の家では自分のスペースがあるため新しいことへの挑戦意欲が湧くので、引っ越しをしてよかったと思えるまでになりました。

 

隣人の騒音がなくなることはありませんが、今は自分が真に対峙(たいじ)するものが見えたような爽快な気持ちです。

 

まとめ

巣ごもりによる体重の増加と夫の在宅勤務の日々が、家族にとって大きなライフイベントであるマイホーム購入を後押ししてくれました。その後、隣人の騒音問題には悩まされましたが、自分のストレスと真正面から向き合い、新たな習慣を身に付けるきっかけにはなりました。

 

これからも隣人の騒音が変わることはないかもしれませんが、なるべくお家エクササイズなどで体を動かし、怒りやストレスを発散することで、メンタルの安定と体形崩れの防止の一石二鳥を狙っていきたいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:chokochoko

アラフィフ主婦。30代にバックパッカーで海外生活をしたあと、婚活と妊活を同時進行し、40歳目前に出産。直後、夫の一時休職を機に、心についての学びを開始。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶