「不妊ではないのよね…?」勝手に押しかけてきて夫婦生活にまで踏み込むお義母さん… #モラ夫 68

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第68話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。

勝手に合鍵を作って、突然家に押しかけてきたお義母さん。何か大事な用事でもあるのかと思いきや……?!

引っ越しの際に貸した鍵を使って勝手に合鍵を作り、何の前触れもなく鍵を開けて家に入ってきたお義母さん。

 

突然の訪問に驚いたものの、きっと何か大事な用事があるのかも……と考えたモグさんが、それとなくお義母さんに聞いてみたところ……!

 

続きを読む

いきなり家に入ってきて「2人目はいつ?」話にうんざり…

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第68話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第68話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第68話

 

「2人目のことでお話がしたくて……」

 

「またその話……?」と身構えるモグさんをよそに、「早めに産んだほうがいい」「子育ては一気に終わらせたほうがラク」など、お義母さん節がさく裂。

 

それだけならまだしも、お義母さんはさらに夫婦の妊活事情にまで踏み込んできた!

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第68話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第68話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第68話

 

本気で夫婦の妊活事情に踏み込んでこようとするお義母さん。

 

もともと報告をするつもりはなかったけれど、まだ2人目を考えられず夫婦生活を回避してたことは口が裂けても言えない……!

 

何とかとの場をやり過ごそうとしていると、お義母さんがバッグの中をゴソゴソし始めて1冊の本を取り出した。

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第68話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第68話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第68話

 

お義母さんがバッグから取り出したのは、いわゆる産み分けに関する本だった。

 

その本を読んだところで、お義母さんも絶対に女の子が生まれるとは思っていないはずだけれど、2人目(女の子)への期待が痛いほど伝わってくる……

 

「しかも感想って何を言えばいいんだろう……?」と戸惑っていると、お義母さんはさらに話を続けた。

 

「モグちゃんは……不妊ではないのよね?」


不妊の心配までされていたなんて……!

 

お義母さんが初めて2人目の話をしたときからそこまで日が経っていないのに、「さすがにせっかちなのでは?」と感じたモグさん。そんな勝手すぎるお義母さんに、とうとうカチンときてしまって……?!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      もういっそ
      マロくんが家事も育児も
      協力的にならないと
      二人目は無理なんですよね。
      って言ってしまおう。
      +27 -1

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP