「迷惑かけたくない」痛みに耐えるしかない私。そのときクールな上司が…!?

毎月ではありませんが、生理中におなかが痛くなることがあります。痛みの程度はその時々で異なり、耐えられないほど重くなることも。休みの日ならば寝ていればいいのですが、仕事となるとそうもいかず……。

 

続きを読む

「迷惑かけたくない」痛みに耐えるしかない私。そのときクールな上司が…!?

 

「迷惑かけたくない」痛みに耐えるしかない私。そのときクールな上司が…!?

 

私の生理痛

生理のときは、冷や汗が出るほどの下腹部痛を感じることがあります。毎回ではありませんが、下腹部がぎゅーと縮まるような痛みが出ることも。ハッキリとした痛みではないものの、この痛みが私にとっては負担でした。

 

生理痛で早退することへの後ろめたさ

私の場合、市販の鎮痛剤を飲んでもあまり効果を感じることができませんでした。立ち仕事で接客をしていたため痛くても座って休むことができず、痛みが強いときは我慢してなんとか仕事。ただ時間が過ぎることを待つのみでした。

 

職場には、生理中におなかが痛くて早退する人はおらず、また、私ひとりで担当する仕事も多くあったので、早退してしまうと職場に迷惑をかけてしまうと思い、自分からはなかなか言い出せませんでした。

 

職場はやさしい人ばかりでしたが、そのぶん迷惑をかけたくなかったのです。

 

「早退したい」上司に言うと?

しかし、生理痛がつらかったある日。私がつらそうにしている様子を感じたのか、上司が心配して、「早く家に帰って休んで」と声をかけてくれました。そのときは、薬を飲んで少し休憩室で休んでいたのですが、少し経っても症状がよくならず、私は意を決して早退したい旨を伝えることに。

 

「早退したいです」と伝えると上司は、嫌な顔をせず心配してくれました。家に帰るときも、フラフラの私をお店の出口まで送ってくれ、その気づかいに心が温かくなりました。

 

 

生理痛で仕事を早退してもいいのかとても迷っていた私。同僚や上司に迷惑をかけてしまうかも……と思っていましたが、上司の温かい気づかいに「つらいときは無理をしなくてもいいのだ」と考えられるように。また、我慢して仕事をしてもパフォーマンスが下がり、かえってお店やお客様に迷惑をかけてしまうだけだなとも感じました。

 

もちろん、毎回早退してばかりでは……とも思ったので、薬を服用しながら、おなかを冷やさないように腹巻きするなど少しでも痛みが和らぐように工夫しています。

 

少しでも痛みが緩和できるように、自分も「もうすぐ生理がくるから準備しよう」と気持ちの面で余裕を持たせる必要もあるなと実感しました。

 

著者/中山真希
作画/ちゃこ
監修/助産師 REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターちゃこ

    漫画のお仕事をしています。インスタグラムでグルメ備忘録を更新中。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP