「検査したほうがいい」気にしていなかった症状。病気の恐れがあることを知り…

経血量が多く、さらにかたまりが出てくることもある……。自分では特に気にしていなかったのですが、なにげなくそんな話をしたときに、婦人科に勤務経験のある看護師の同僚から、一度検査をしたほうがいいとすすめられた話です。

 

続きを読む

経血量の多さやかたまりが不快

私はもともと経血量が多く、かたまりが出ることもよくありました。大きいものだと、2cm大のかたまりが出ることも。なんだか気持ち悪いし、出るときにわかるほどの感触もあるので、それが嫌だなとは思いましたが、特に深くは考えてはいませんでした。

 

また、生理について、他人と詳しく話す機会もないので、「きっとみんなもそうなんだろうな」と思っている部分もあったのです。

 

なにげない世間話のつもりが…

ある日、婦人科に勤務経験のある同僚看護師と話していたときのことです。ふと、「そういえば、生理のときに、いつもかたまりが出るんだよねー」という話をしました。

 

すると同僚は「かたまり以外に気になることはない?」と、私以上にかたまりが出ることを気にしてくれている様子。そのため私は、経血量が多く、日中は昼用のナプキンでは間に合わないことや、生理痛がつらいことなどを詳細に話しました。

 

すると、同僚は「それは、一度婦人科に行って検査をしたほうがいいよ」と受診をすすめたのです。「検査してみないとわからないけれど、そういうのは子宮内膜症や子宮筋腫の症状の場合があるので……」ということでした。

 

大丈夫と思いながらも検査に

私はそのときすでに妊娠・出産経験があり、妊娠中や出産時も婦人科から指摘されたことはありません。そのため「きっと大丈夫」と思ったのですが、よく考えると産後からすでに2年が経過。その間になにか変化があったかもしれないと思い直し、検査に行くことにしました。

 

結果は、特に何もなく、かたまりや経血量が多いのも、病的な原因によるものではないとの診察結果で、ほっとひと安心。経血量の多さやかたまりは不快ですが、私の場合はうまくつきあっていくしかないなと感じました。

 

 

今回は何事もなかったのですが、何事もないということがわかって、とても安心できました。何か気になる症状があったときには、一度検査するべきだなと実感。職業柄、「少しでも気になったら受診してください」と患者さんに伝えているのに、いざ自分のこととなると後回しにしてしまうことを、反省しました。

 

著者/うみの るな
イラスト/sawawa

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP