「えっ今から!?」突然の手術!重い生理痛をずっと放置していたら…

30代を過ぎたころから、ひどい生理痛に悩まされるようになった私。「産婦人科に行けば治療できるのかもしれない」と思いつつも我慢してしまい、ようやく重い腰を上げたのは38歳になってからでした。

「今から手術…!?」重い生理痛をずっと我慢して私。診察で見つかったものは…

 

続きを読む

生理は年々悪化していく

10代・20代のころは、特に苦痛だと感じなかった生理。30代で突然ひどくなり「年齢が上がるにつれ、なぜひどくなるんだろう」と不思議に思っていたのです。

 

私にPMS(月経前症候群)の症状が出るようになったのは35歳を過ぎたころ。それまで感じたことがなかった「気持ち悪い」「腰が痛い」という症状が毎月現れるようになったのです。

 

生理が始まると体調はさらに悪化。経血量も多く、生理2日目は腰やおなかが痛くて動くのがおっくうになるほどでした。38歳になると、今度は頭がボーッとしてふらつくような症状になり我慢ができず、ついに婦人科に行くことを決意しました。

 

産婦人科は私にとって敷居が高かった

これまで、友人や同僚たちに「生理が重い」ことを伝えると、婦人科に相談するようすすめてくれていたのですが、私は行くのをためらっていました。

 

産婦人科に行かなかった理由は、私たち夫婦が子どもに恵まれていないことが大きいです。産婦人科は妊婦さんのためにあるというイメージがあり、自分の中で勝手にハードルを上げてしまっていました。

 

しかし、実際に産婦人科に行ってみると待合室にいる世代はさまざま。先生の話では「生理に悩み、相談にこられる方は多いですよ」とのこと。気負う必要なんてなかったなと拍子抜けしてしまいました。

 

医師から言われたのは…

先生に診察してもらい、子宮筋腫があることがわかりました。サイズは6cm。その隣にも1つ、小さい子宮筋腫があるそうでしたが、どちらも現時点では切除の必要がないとのこと。

 

しかし、子宮筋腫と同時にポリープがあることもわかりました。先生と相談のうえ、そのままポリープを切除することに。突然の手術でしたが、痛みもほぼない状態であっという間に終了。切除したポリープを見せてもらいましたが、大きさは小指の先ほどでした。

 

その日は、漢方と痛み止めをもらい帰宅。まさか私の子宮が2つも腫瘍を抱えていたなんて……とショックもありました。それほど大きな物ではないと先生からは言われましたが、生理がひどい原因が腫瘍だったとは思いもよらなかったのです。

 

 

産婦人科に行ったあと、すぐに体に変化がありました。PMSの症状だけではなく、生理が軽くなったと感じるのです。また、一番驚いたことは生理の予定日です。これまで1週間以上ずれていたものが2~3日のずれに変わり、安定するようになりました。

 

今は友だちや同僚のすすめを素直に聞いて、もっと早く病院に行っておけばよかったと後悔しています。これまで婦人科の敷居が、まるでエベレストのように高かったことが嘘のようです。

 

著者/池森 りえ
監修/助産師 REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP