「意味がワカリマセン」隣人の言っていることがはちゃめちゃすぎる… #騒音トラブル 隣の老婆はクレーマー 23

「騒音トラブル〜隣の老婆はクレーマー〜」第23話。騒音の苦情がきた友人の話を聞いて音に気をつけていたトラネコ一家。注意して生活するのに疲れ、マンションからメゾネットタイプの家に引っ越ししました。隣人からの騒音トラブルに困っていたトラネコさんは夫に頼んで、管理会社に連絡をしてもらいました。管理会社からの注意が効いたのか隣からの音は聞こえなくなり一安心するトラネコさん。しかし、しばらくすると「ドン!」という音がまた聞こえ始めました。管理会社が隣人にトラネコさんの家に向かってなぜ音を出すのか、理由を聞くと「トラネコさんの子どもの出す音に対して、やり返している」と隣人は言うのです。常に音に気をつけているトラネコさんは納得がいきません。

そして管理会社は隣人から驚くべき言葉を聞いたと言います……。

我慢するところそこじゃなくない…?

騒音23
 

騒音23

 

騒音23

 

騒音23

 

 

騒音23

 

騒音23

 

騒音23

 

 

騒音23

 

騒音23

※誤)騒音のを → 正)騒音を 

 

騒音23

 

 

騒音23

 

騒音23

※視力もちょっと低いから→視力もちょっと悪いから

 

騒音23

 

「隣人は『管理会社に連絡をしないで、我慢しているのだから音でやり返していいでしょ?』ということを言っている」と管理会社は言いました。それを聞いたトラネコさんは意味がわからず、困惑してしまいます。

 

隣人は「駐車場でトラネコさんの子どもが、自分の車に当たった」という話もしていたと聞き、その件は、隣人に言われたときにすぐに謝りに行ったけれどインターホンが鳴らず、隣人がどこからか聞いていると思い、外から謝ったことを管理会社に伝えました。
 

すると、「トラネコさんのお隣さん、入居当初からインターホンを切っているんです。そして、2階の窓をちょっと開けて、そこから見ているんですよね。」と管理会社は言いました。
 

それを聞いたトラネコさんは「ええー!」と驚きます。でも言われてみれば窓がちょっと開いていることを思い出しました……。トラネコさんは、子どもを駐車場では遊ばせないということを管理会社に伝えました。
 

◇   ◇   ◇

 

管理会社の方が親身になって話を聞いてくれたので、トラネコさんはなんとかしてくれると思ったようです。みなさんは隣人トラブルなどで管理会社へ連絡をして相談をしたことはありますか?

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターあみな

    2011年から2018年生まれの3人の子どもたちの母。 日常の体験をマンガで描いている。 現在は通信大学でイラストを勉強中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶