「結局何もしてないじゃん…」夫に聞かれるたびに苦痛に…。育児に追われているうちに、社会から取り残された気分になり…

0歳の女の子ママ、砂田ぽこさん(仮名)の“孤育て”体験談をマンガ化。臨月までバリバリ働き、無事出産。「人生最後の長期休み」と思って産休をエンジョイするつもりだったが、現実はそんなに甘くはなくて……。

砂田ぽこさんの孤育て体験談_1
 

砂田ぽこさんの孤育て体験談_2

 

「人生最後の長期休み」と気楽に考えていたけど…

27歳初産で、妊娠34週まで働いていた私。勤続4年目でそれなりに頼りにされ、仕事も割と好きでした。もちろん仕事は続ける気で、出産後は約1年育休をとり、好きなことをして「人生最後の長期休み」を楽しもうと決めていました。

 

そして、無事出産。初めの1カ月はワイワイガヤガヤと実家で過ごし、1カ月健診後にマイホームへ帰宅したのですが……。

 

思い通りにならない育児で現実に直面

夫は仕事のため、日中は完全にワンオペでした。話す相手がいない、赤ちゃんが泣いて思うように家事ができない、ご飯を食べる暇もない、好きだったお出かけもできない……。子育てって楽しいもんじゃないなと痛感しました。

 

これなら仕事をしている方が、体も楽だし頼りにされるし、家事が苦手な私には断然合っていると思いました。

 

1日の生産性の無さに自分を責めるようになり…

ある日、夫に「今日は1日どんなことをした?」と聞かれました。私は「昼くらいに起きて、ご飯を食べて、洗濯して……今日はいつもより寝てくれたし、夕方私もちょっと寝た」と答えたけど、なんだか結局何もしていないような、生産性のない日々を過ごしているような気がして悲しくなりました。


もちろん、夫はそんなふうに思う人ではないけれど、胸を張って「こんなことしたよ!」と言うには中身がなさすぎて……。


育児に追われるあまり自分の身なりにもしばらく気を使えていなかったので、夫が休みの日に娘を預けて美容院に行くことにしました。すると、ブルーな気分が少し晴れた気がしました。

 

 

誰にも褒めてもらえない孤独な育児は、本当に出口のないトンネルみたいなもの。育児中でも時々はおしゃれをして、ちょっと綺麗になった自分を見て、気分転換することが必要だと感じました。

 

 

体験談/砂田ぽこ
作画/Michika

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターMichika

    横浜に暮らす中2、小4、小3の三姉妹の母。ブログやInstagramで、漫画やイラストを描いてます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • 通報
      乳飲み子抱えてる嫁に対して、洗濯も、ごはんも作ってもらっといて1日何してたって聞く時点で一発アウトだと思う
      +140 -6

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶