【子どもの事故体験談】1歳の息子が階段から落下!その原因と反省点

階段転落防止の装着したベビーゲート。きちんとロックをしていれば安全なのですが、私の不注意でロックをし忘れていたことがありました。そのときに事故は発生。1歳の息子がベビーゲートに寄りかかった瞬間、扉が開いて落下してしまったんです。落下した息子は大声で泣き、打った部位にたんこぶができていました。

 

ひとり歩きができるようになった1歳ごろ。息子が2Fの階段から落下したことがありました。階段転落防止ために装着していたベビーゲートが意味のないものに。

 

その原因は私の不注意にありました。今回は、わが家の体験談とあわせて、階段の転落防止に備えておきたいことなどをお伝えします。

 

続きを読む

ベビーゲートのロックをかけ忘れた

 

階段の転落防止のために装着したベビーゲート。きちんとロックをしていれば安全なのですが、私の不注意でロックをし忘れていたことがありました。

 

そのときに事故は発生。1歳の息子がベビーゲートに寄りかかった瞬間、扉が開いて落下してしまったんです。気付いたときには息子がコロコロ階段を落ちている状況。

 

私の不注意が事故に繋がってしまいました。幸い踊り場があったため、6段ほどの落下で済みましたがケガをしていないか心配でした。

 

知っておきたい!受診の目安

 

落下した息子は大声で泣き、打った部位にたんこぶができていました。水で絞ったタオルを当てて冷やし、様子を見ることに。しばらくすると機嫌がよくなったので病院は受診しませんでした。

 

子どもの事故に関するガイドブックによると、意識がもうろうとしている場合や痙攣、嘔吐が続く場合は救急車を。打った部位がひどく腫れていたり、傷がある場合は早めの受診が必要だそうです。数日後に症状が現れることもあるので、2~3日は様子を見たいところです。

 

 

オートクローズ機能付きのベビーゲートを!

 

わが家のベビーゲートは、開閉のたびにロックを掛けるタイプのもの。ロックをする習慣を付けていても、たまに忘れてしまうのが人間だと思いました。

 

このような事態になると「階段転落防止」という本来の目的を果たせなくなります。失敗をゼロに近付けるために、自動ロック機能がついたベビーゲートを選ぶべきでした。また、息子から目を離したことも反省する点です。ちょっとした間も目を離してはいけないことを痛感しました。

 

 

ベビーゲートによじ登って階段から転落する子どももいるそうです。子どもの個性も参考にしながら、ベビーゲートのタイプを検討したいですね。また、万が一を想定して、救急病院などを事前にリサーチしておくことをおすすめします。(TEXT:田中由惟)

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 読んでおきたい子どもの事故に関する記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP