「ドキドキ」初手術、医師の言葉に冷や汗が止まらず…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 12

【卵巣のう腫赤裸々レポ 12】普段はイラストレーターとして活動している町田ねねこさん。今回ご紹介するのは、卵巣のう腫が見つかってから入院に至るまでのねねこさんの体験談をマンガ化したものです。

検査の結果、左右の卵巣に卵巣のう腫があることがわかったねねこさん。さっそく手術について医師から説明を受けますが、不安でいっぱいのねねこさんは……!?

続きを読む

手術の方法は

「ドキドキ」初手術、医師の言葉に冷や汗が止まらず…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 12

 

「ドキドキ」初手術、医師の言葉に冷や汗が止まらず…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 12

 

「ドキドキ」初手術、医師の言葉に冷や汗が止まらず…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 12

 

「ドキドキ」初手術、医師の言葉に冷や汗が止まらず…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 12

今回、ねねこさんは「腹腔鏡」という方法で手術するそう。おなかをガスで膨らませたら、おへその中とその下に開けた3つの穴から機械を入れ、のう腫を取り除くと言われました。どんな方法で手術するのかドキドキしていたねねこさんですが、傷口が1cmほどで済むとわかり、すこしだけ安心。実際の手術方法を聞くとだんだん現実味が出てきますよね。


監修/助産師REIKO

 


町田ねねこさんのマンガは、このほかにもInstagramやTwitterで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪ 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター町田ねねこ

    北海道在住、20代後半のイラストレーター。 自身の卵巣のう腫体験談をマンガで綴っている。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP