「出ちゃった…」がんの可能性を指摘されて急いで検査を受けた結果… #子宮頸がんゆる闘病記 2

「子宮頸がんゆる闘病記」第2話。2015年に子宮頸がんが判明した、とりだまり まどさんの体験を描いたマンガを紹介します。おなかの膨らみは子宮筋腫の影響だろうと思い、婦人科を受診したとりだまりさん。しかし、「今すぐMRIを撮ってきて。がんかも……」と医師に言われて……。

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
0 クリップ

 

続きを読む

がんの可能性を指摘され、検査を受けると…

子宮頸がんゆる闘病記 2

 

 

子宮頸がんゆる闘病記 2

 

細胞診の検査結果を見せられました。でも、「Class(クラス)Ⅲb」ってどういうこと!?

 

子宮頸がんゆる闘病記 2

 

子宮頸がんゆる闘病記 2

 

早速詳しく検査をするために、専門施設へ行きました。

 

私はずっとフリーランスで、社会人になってから健康診断すら受けたことがなく……恥ずかしながら、39歳にして生まれて初めてがんの細胞診を受けたのです。

 

後日細胞診の検査結果を見せられたのですが、見方がわからず、早速「クラス」と「ステージ」が頭の中でごっちゃになりました。

 

Class(クラス)Ⅲbってどういうこと!?

もう結構がんが進んでいるってこと??

 

だって、ドラマなんかでは「ステージ4」とか言ってるし。だから、がんと言えば「ステージ」でしょうが! と勝手に思い込んでいたのです。

 

実際は、

・「クラス」=腫瘍が悪性(がん)かどうかを判断

・「ステージ」=がんが体内でどれくらい広がっているかを判断

ということだそう。

 

細胞診の検査結果によると、私はがん(悪性腫瘍)の可能性が高いとのこと。

 

この後、別の検査でステージを診断します。

 

普段は「無表情」「表情筋が死んでいる」と言われがちな私ですが、さすがにこのときは表情筋も引きつりました。

 

ー------------------------

 

先生は「クラス」と「ステージ」の違いを懸命に説明してくれましたが、動揺していたとりだまりさんの耳には、ほとんど入ってこなかったそうです。ステージの診断はどうなるのでしょうか。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。
※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP