助成があっても出費は増加!妊娠中のお金がない状態に注意

2016/10/27 10:00
妊娠中のプレママに向けてお金のお話をします。妊娠中の健診費は助成がありますが、全て無料とはいきません。またその他にも、マタニティウェアなど必需品の購入費や、育児グッズ費、帝王切開出産や切迫早産での入院など、出産には思わぬ出費がかさむこともあります。こうした不測の事態にも備えて出産までのお金の計画を立てましょう。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
お金
家計管理
節約

 

妊娠すると健診や出産一時金など助成や手当がもらえる一方で、出費もやはり多くなります。産後「こんなはずじゃなかった!」とならないように、今日は妊娠中にかかるお金についてお伝えします。

 

節約すればかなり減らせる育児グッズ費

初めての出産の場合は平均で10万円ほどかかるといわれる育児グッズ費。でも、節約をしたいならここで切り詰めるのも手です。

 

お下がりやレンタルなどを上手に利用したり、祖父母からの出産祝いや仲のいい友だちからの出産祝いはリクエストをするなどすることで減らせることもあります。

 

妊娠中の出費

健診費は助成がありますが、すべて無料とはいかないようです。3〜5万円ほどの追加料金があっても大丈夫なように用意しておきましょう。
 

マタニティウェアやマタニティインナーの購入費としても3万円ほどかかります。とくにボトムスやインナー、パジャマは必ずと言っていいほど必要になるアイテムなのでお金の準備をしておきましょう。

 


 

出産&分娩の出費

出産一時金として42万円が支払われますが、それでは足りない場合も。無痛分娩や帝王切開出産のときには10〜20万円の追加が必要になることもあります。

 

また、切迫早産などで入院した場合にも思わぬ出費が。保険に加入している人や、確定申告などで必要になることがあるので、必ず領収書は取っておいてくださいね。

 

里帰り出産費

里帰り出産をする人はさらにお金の準備を。ママの移動費はもちろん、パパが何度か行き来する場合はその交通費も確保しておきましょう。また、ママが不在時にパパの外食費などが普段よりもアップすることがあります。


育児グッズに10万円、追加の健診費に3万、マタニティウェア&インナーに3万とこれだけでも26万円かかる計算になります。赤ちゃんが生まれる前に外食や旅行を楽しむ人も多いと思いますが、こういった出費も考えて出産までのお金の計画を立てましょうね。(TEXT:サトウヨシコ)

 


  • 1
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。