「全部僕のせいなんです」母の言葉を遮りきっぱり言い切った夫。そばで悪口を聞いてしまった妻は? #僕と帰ってこない妻 303

「僕と帰ってこない妻」第303話。妻サイド編。仕事と自分にしか興味がなく、家でも家事や育児は妻任せの夫を見限り、ついに妻は娘を連れて家を出て実家へ戻った。

「自分の何が駄目だったか教えてほしい」と連絡してくるほど、夫は何もわかっていない。

 

彼に一体どこから伝えればいいのか、言葉にできず返信しないままでいたある夜、夫が突然実家へやってきた!

 

母と夫の会話をこっそり聞いていると、母は「どうせ家事育児がつらくなった~とか言って、投げ出してきたんでしょ?」と雪穂が悪いと決めつけ喋っていた。

 

続きを読む

夫は母の言葉をきっぱり否定してくれた

「僕と帰ってこない妻」第303話

 

「僕と帰ってこない妻」第303話

 

「僕と帰ってこない妻」第303話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第303話

 

「僕と帰ってこない妻」第303話

 

「僕と帰ってこない妻」第303話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第303話

 

「僕と帰ってこない妻」第303話

 

「僕と帰ってこない妻」第303話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第303話

 

「僕と帰ってこない妻」第303話

 

「あの子、根性ないじゃない?」

 

「ちょっと嫌なことがあると、すぐ辞めちゃうのよね~」

 

実母は娘を謙遜し続けた。すると、夫は母の言葉を遮るように言った。

 

「違います、雪穂さんは投げ出してきたんじゃないです」

 

「全部俺のせいなんです」

 

物心ついたころからずっと、母親に「出来が悪い子」「可愛くないし、根性もない」と言われ続け、それをすぐそばで聞かされるたびに、心が傷ついていた。

 

でも、夫は母の言葉をまっすぐ正面から否定してくれた。

 

 

 
ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    「結局、一番怖いのは人間だよね」というテーマで、エッセイ漫画を描いています。ベビーカレンダーでは実話「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」を短期連載。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      チョロイン疑惑
      +53 -8
    • 通報
      カズ君いい人風だけど
      娘の一才の誕生日まだ忘れてるの…? 
      +114 -7
    • 通報
      扉越しの雪穂さん怖すぎ
      +52 -14

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP