「こっ…これは!」26歳の初体験!こんな世界があったとは…

小学校高学年で初潮を迎えてから実家を出る26歳まで、恥ずかしながら自分で生理用品を買ったことがありませんでした。母が用意してくれたナプキンをなんの疑問もなく使い続けていた私は、生理中の不快感や不便さも「こんなものか」とやり過ごしていたのですが……。

「こっ…これは!」26歳で初めて使った「あの生理用品」に衝撃…!

 

続きを読む

生理用品はいつでも一択

結婚するまで実家暮らしだった私は、生理のときは母が買ってきてくれる生理用ナプキンをずっと使用していました。それはいつも、いわゆる「普通の日用」のナプキンで、わが家では、これ以外のナプキンや生理用品を目にしたことはありませんでした。

 

そのため、当然多い日も、寝るときも、終わりかけで経血量が減ってくるときも、使うのは「普通の日用」のナプキンのみ。

 

経血量が多い日には頻繁に着け替えなければならないし、夜寝るときには漏れないかという心配はありました。しかし、それ以外のナプキンを使ったことがなかったこと、生理だから多少の煩わしさは仕方がないものだとと思っていたのです。

 

ドラッグストアで選択肢の多さに驚き

そんな私も26歳で実家を出ることになり、生理用品を自分で用意しなければならないときがやってきました。もちろん、ずっと使っていた種類以外にも多くのメーカーの物があることは知っていましたが、いざドラッグストアの生理用品の売り場にきてみると選択肢の多さにびっくり! どれを選べばいいのかわからなくなってしまうほどでした。

 

せっかくだからいつもと違う物を買ってみようと悩んだ末に「肌にやさしい」とパッケージに書かれた物と、「夜用」の大きなナプキンを買って帰りました。そして……。

 

少しでも快適に過ごしたい

生理が始まって十年以上が経っていましたが、初めて「夜用」のナプキンを使った私は感動しました。

 

おしりの後ろのほうまですっぽりとカバーされているので安心感があり、寝返りが怖くない! 生理だからといって、煩わしさをすべて受け入れることはなかったんだとやっと気がつきました。

 

この経験から、憂うつな生理期間が少しでも快適に過ごせるように、使い心地や、その日の体調に合わせた生理用品を模索し、試してみるようになりました。今では使い捨てのナプキン以外の選択肢にも興味津々です。

 

 

毎月、嫌でも向き合わなくてはいけない生理。なんとなく不快だなと感じていたはずなのに、大人になっても改善しようとしなかったこと、自分自身の体のことに無関心だったことを反省しました。娘が初潮を迎えたら、主体的に考えて選ぶことの大切さを伝え、一緒に生理用品を選びたいと思います。

 

著者/大岡むぎ
イラスト/マメ美
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP