「あんた、様子がおかしいよ」え?そんな…母の言葉で気づけたことは…

「あんた、今日は様子がおかしいよ」――母との電話で言われたこの言葉。ひとり暮らしをしていた私は、嫌なことや腹が立つことがあった際、決まって母に電話をしていました。しかし、この言葉を言われた日は、感情のままに思いを吐き出し、最後には怒って泣き出す始末で……。

「あんた、様子がおかしいよ」え?そんな…母の言葉で気づけたことは…

 

「あんた、様子がおかしいよ」え?そんな…母の言葉で気づけたことは…

 

感情を爆発させる私

ひとり暮らしをしていたころ、嫌な出来事があった際などは、いつも母に電話をかけて聞いてもらっていました。母は嫌な様子をせずに聞いてくれ、私の言葉に共感してくれることも多かったです。

 

その日も電話をしていましたが、私は怒ったり、最終的には涙が溢れてきたりと情緒が不安定で……。そんなとき、母から「あんた、今日は様子がおかしいよ」と言われたのです。

 

そして「PMS(月経前症候群)で心が不安定になっているのではないか」と、母は続けました。たしかに心が不安定になるのは生理前が多かったですが、私はPMSなど関係なく、これが自分のありのままの感情なのだと思っていました。

 

彼氏との別れ

情緒の不安定さは母の前だけでなく当時、付き合っていた彼氏の前でも表れていました。彼の言葉でいつも私が機嫌を損ね、気まずくなっていたのです。

 

このようなすれ違いを重ね……ついには彼に別れを告げられてしまいました。私はひどくショックを受け、ごはんが喉を通らなくなるほど。しかし、思い返せば私はいつも、感情のままに彼を傷つけていたと猛省しました。「どうしたらいいんだろう」と思っていた、そのとき……。

 

PMSへの対策

母の言葉をふと思い出しました。思い返せば、感情のままに彼に怒ってしまうときも決まって生理前だったのです。やはりPMSなのかもと思い、対策をたくさん調べ……出合ったのが、生理日管理のアプリでした。

 

私はアプリで生理を管理したことはなく、生理日を管理し始めてから、自分がPMSに入る期間や情緒が不安定になる時期を把握できるようになりました。

 

そして、あらかじめ心が不安定になりそうな時期を知っておくことで、怒りが湧いてきても、PMSで怒りっぽくなっていると自覚することができるようになったのです。

 

 

PMSの時期を予測できるようになった結果、情緒をコントロールできることが増え、穏やかに過ごせるようになりました。きちんと予測することで、こんなにも心持ちが違うのかと驚いたほどです。

 

さらに、ストレスをなるべく溜めないよう心がけるようになり、これもPMSの症状を改善するのにプラスに働いています。これらの経験から、きちんと生理日を管理し事前に対策をすることの大切さを学びました。

 

著者/花里結月
作画/ちゃこ
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターちゃこ

    漫画のお仕事をしています。インスタグラムでグルメ備忘録を更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶