「ママ友の車を汚してしまった!」まさかの失敗に血の気が引いて…

数年前、たまたま長女と一緒に乗せてもらったお隣さん家の車。下りるときに、「ママ! 血!」と長女が言うので見ると……シートに赤いシミが! 「人の車を汚してしまった!」と焦った私は……。

「ママ友の車を汚してしまった!」まさかの失敗に血の気が引いて…

 

続きを読む

「生理3日前」と通知があり…

その日は朝、生理管理アプリから「生理3日前」と通知がきていました。「そろそろナプキンを着けないと」と思いながらも朝は忙しく、後回しに。そして長女を学校へ送り出し、私も朝食と家事をバタバタと済ませ、ナプキンのことをすっかり忘れたまま仕事へ……。

 

仕事の昼休憩のときにふとナプキンのことを思い出しましたが、肝心のナプキンは持ってきていません。「まぁ、3日前だし、まだ大丈夫か」と思い、午後もそのまま仕事を続けました。

 

そして、仕事を終えて帰宅したときには、すっかりナプキンのことを忘れてしまっていたのです。

 

お隣さんの車に乗る

夕方、長女が「新しい鉛筆が欲しい」と言うので、宿題を終わらせたあとにお散歩がてら徒歩10分の本屋さんへ歩いて行くことにしました。本屋さんで鉛筆を購入し、帰ろうと思ったとき、お隣のママさんと娘さんに会いました。お隣さんはちょうど車で帰るところで「よかったら乗っていく?」と言ってくれたので、ありがたく娘と乗せてもらうことに。

 

お隣さんとは子どもの年齢も近く、ママさんもさっぱりとした方なので、外で一緒に遊んだり話したりすることはよくありましたが、車に乗せてもらうのは初めてでした。

 

最悪のタイミング!

本屋さんから家までは車で3分程度なので、あっという間に到着。「ありがとうね~」と言い私が車から下りようとすると……「ママ! 血!」と長女が驚いたように言いました。

 

シートを見ると、経血汚れが! 一瞬で「ナプキンを着けるのを忘れてた!」と思い出し、次に「本当にごめんなさい!!」と、とにかくお隣さんに謝罪。

 

不幸中の幸いで、ウェットティッシュでサッととれる程度の汚れでしたが、罪悪感が半端なかったです。まさかこのタイミングで生理がくるなんて思いもよらず、よそさまのものを汚してしまったことにヘコんだ私でした。

 

 

あの朝、生理3日前のお知らせが来て「ナプキン着けないとな~」と思った時点で着けないとダメだったなと反省。お隣さんは終始嫌な顔ひとつせず「私も同じ状況になったことがあるから気にしないでね。服、大丈夫?」と、私のことを気づかってくれました。私は反省しつつ、もし同じ状況に遭遇したら、こんな大人な対応をしたいなと感じた出来事でもありました。

 

著者/石井ゆうき
イラスト/おみき
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP