「え、無愛想なおばさんが!?」無視された息子が毎日声をかけ続けたら、まさかの結果に思わず涙…

現在2歳の息子は明るく好奇心旺盛で、人見知りせず誰にでもあいさつをして話しかけるタイプです。「天真爛漫」という言葉がとてもぴったりで、通っている保育園では園長先生から「あいさつ大臣の〇〇くん」と呼ばれるほど。そんな息子の、夫から聞いたちょっと感動した話を紹介します。

無視された息子が毎日声をかけ続けたら、まさかの結果に思わず涙…

 

 

無視された息子が毎日声をかけ続けたら、まさかの結果に思わず涙…

 

明るい先生や子どもたちばかり!でも……

息子は2歳児クラスにあがるタイミングで現在の保育園に転園しました。園の見学に行ったとき、家から近く通いやすい点やプールや園庭があるところ、そして働いている先生方や通っている子どもたちがみんな明るくイキイキとした雰囲気なのが印象的でした。地域でも人気の保育園だったので入園許可の通知が来たときは本当にうれしかったです。

 

基本的には朝は夫が保育園に送り、お迎えが私で、毎朝夫と息子、そして下の娘の3人で登園する時間は園内の掃除をしてくれるおばさんに会うとのこと。先生方はすれ違う際に笑顔であいさつをしてくれる人ばかりですが、おばさんは不愛想な感じ、無言で掃除をしているそうです。

 

毎日元気にあいさつをし続ける息子

そんな少し話しかけづらい雰囲気の掃除のおばさんにも、息子は遠慮なく、「おはよ! おはよ~!!」とあいさつをしたそうで、夫は焦った様子。おばさんも息子を一瞬見たものの、そのまま無言で掃除を続けます……。

 

しかし息子は気にせず先生やお友だちにあいさつをしながら自分の教室に入っていったそうです。そして息子はおばさんに無視されてもそんなことは気にせず、毎日毎日「おはよ~!」と元気にあいさつし続けたそうです。そんな日々が続いていき……。

 

 

すると、掃除のおばさんが……!

息子がおばさんにあいさつを始めて2週間ほど経つと、突然おばさんも「おはよう」とあいさつを返してくれたそう!夫はおばさんが言葉を発するのを初めて聞いて驚いたとのこと。

 

そしてあいさつしあう日々が過ぎ、今では息子を見るとおばさんから声をかけてくれ、不愛想だったのがマスクの上からでも微笑んでいるのがわかるやさしい表情に変わっていったそうです……!

 

 

息子の天真爛漫で明るい態度と笑顔が、おばさんの心を開いたのかなと思います。誰にでも笑顔であいさつをしっかりする息子に感動しました。これからも子どもたちにはあいさつがきちんとできる人に育ってほしいので、母である私も周りの方に明るいあいさつを忘れないように過ごしていこうと思います。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日になりますように!

作画/山口がたこ


著者:森まり子

1歳3カ月差の兄妹ママ。ワーママとして時短勤務をしつつ、ライターとしても活動中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶