「も~!またこぼして! 」これって大人の都合!? 子ども目線になってみると見えてくる楽しい世界

2020年2月生まれの男の子・たろうくんのママ・てんてこまいさんが備忘録としてゆる〜く描く、親バカ全開!?な育児絵日記。たろうくん、お茶をこぼしたの本日4回目……。素敵なものが見えているようですよ。

子どもの視点を借りて、もう一回楽しませてもらお♪

子どもたちって、水たまりをみつけると、夢中になってずっと入っていたり、窓ガラスに結露ができているだけで、大喜びしていたり……。

 

大人にとっては「どうして?」と思うことでも夢中になっていたりしますよね。

 

お茶をこぼしたたろうくん。何やら素敵なものを見つけたようですよ♪

 

子どもの視点を借りて、もう一気楽しませてもらお♪

 

子どもの視点を借りて、もう一気楽しませてもらお♪

 

子どもの視点を借りて、もう一気楽しませてもらお♪

 

 

子どもの視点を借りて、もう一気楽しませてもらお♪

 

子どもの視点を借りて、もう一気楽しませてもらお♪

 

子どもの視点を借りて、もう一気楽しませてもらお♪

 

子どもの視点を借りて、もう一気楽しませてもらお♪

 

 

子どもの視点を借りて、もう一気楽しませてもらお♪

 

子どもの視点を借りて、もう一気楽しませてもらお♪

 

子どもの視点を借りて、もう一気楽しませてもらお♪

 

たろうくんが見ている世界、美しすぎる……!

そりゃお茶からウサギが出てきたら、ごはんどころではないですよね。

 

『楽しい世界を見ているのに、大人の都合で、ぶち壊してたこともあったんじゃないかな』という言葉にグッときた人も多いはず。

 


SNSのコメント欄でも、

「子どもは視野が広いし、想像力豊かだ…… 」
「うちの子は、なんでいちいち食べるのストップするのか全然わかんない! なにが見えてるんだろー? 」
「確かにふと思います。子どものころ、どんな遊びもどんな行動も、自分なりに精一杯真剣だったこと。方向性が大人と違うだけ。寛容になりたいです」

と、改めて子どもの視点になってみたという声も。


考え方次第で、子どものすることに少し寛容になれるのかもしれませんね。

『もう一度あのころのワクワクを思い出す!』という気持ちで、子どもたちと接してみてはいかがでしょうか♪

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターてんてこまい

    2020年2月生まれの男の子(たろう)のママ。Instagramで育児奮闘記やズボラ母の生態について描いています。親バカすぎて夫に引かれることもしばしば。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶