「え、ため息?」実母に赤ちゃんの病気を伝えると、信じられない言葉が返ってきて… #うちの子にはしっぽがついている 8

【うちの子にはしっぽがついている 第8話】ゆーとぴあさんは妊娠7カ月で受けた健診で赤ちゃんのおしりに影が見つかりました。詳しく検査をすると、赤ちゃんのMRI画像には、おしりのあたりに「しっぽ」のようなものが。医師からは「仙尾部奇形腫(せんびぶきけいしゅ)」という聞いたことのない病名を言われ、さらに大きな病院を紹介されました。紹介された病院で検査を受け、無事出産の段取りも決定。実母に報告をしようとしましたが、言いにくさを感じメールで報告すると、実家に来るように言われ……。



 

実母から連絡があり、実家に行くと…

母に赤ちゃんの病気や出産のことを話すと……。

うちの子にはしっぽがついている 第8話

 

うちの子にはしっぽがついている 第8話

 

うちの子にはしっぽがついている 第8話

 

 

うちの子にはしっぽがついている 第8話

 

うちの子にはしっぽがついている 第8話

 

うちの子にはしっぽがついている 第8話

 

実家を訪れ、赤ちゃんの病気や出産の段取りなどを話すと、インターネットで病気のことを調べ尽くしていた母。

 

「産んでみないとわからないからさ……」となだめるように母に言うと、母からは「軽く考えすぎなんじゃない?」という言葉が。

 

自分でも赤ちゃんの病気のことを調べ尽くして、病院にも行き、心の整理がついてきたのに……。

 


ゆーとぴあさんは赤ちゃんのことをたくさん考えた上で、「産んでみないとわからないし……」と言いました。しかし、それを聞いたお母さんからは厳しい言葉が。

 

赤ちゃんの病気について調べまくり、病院に行って先生と話し、やっと自分の気持ちの整理がついてきたゆーとぴあさん。しかし、お母さんからは「軽く考えすぎ」と言われました。身近な人からの厳しい言葉。しかし、ゆーとぴあさんのお母さんも妊娠・出産・育児の経験者であり、先輩。育児の大変さを知っているからこそ、ゆーとぴあさんのお母さんはゆーとぴあさんにこの言葉を投げかけたのかもしれませんね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師 REIKO

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターゆーとぴあ

    男の子2人を育てるママ。長男くんは仙尾部奇形腫、次男くんは発達障害児。事実を基にした子育てに関するエピソードをマンガ化し、Instagramに投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶