「撮らなくていいから!」老化が丸見え…写真を撮るのを拒否しまくったら… #ときめけBBA塾 119

イラストレーターの和田フミ江さんによる連載マンガです。40代に突入した和田さんの日常エピソードをご紹介!30代のころの苦い思い出をきっかけに、写真を撮られることを避けてきたという和田さん。その理由とは……!?

 

続きを読む

写真を撮られることを避けてきた理由は?

ときめけBBA塾 119

ときめけBBA塾 119

 

ときめけBBA塾 119

 

自分のアップ写真がヤバ過ぎて…

あれは30代半ばのこと。

屋外のイベントで友だちが撮ってくれた、自分のアップの写真を見て、ショックを受けたのを覚えています。

 

ハッキリと目元に刻まれた深いシワ、ガサガサの肌。

当時は育児の忙しさにかまけて、大したスキンケアをしておらず、いろいろ間違えていたなーと、今でも後悔しています。

 

それ以降、なんとなーく写真を撮られるのを避けがちです。

 

思い返せば夫の母や私の伯母たちも、カメラを向けるたびによく「嫌だ! シワが写っちゃう!」などと言っていました。

 

自分が若いころは、「そんなこと気にしなくてもいいのに」と思っていましたが、今は伯母たちの気持ちが痛いほどよくわかります。

 

気付いたら、自分の写真がめっちゃ少ない!

しかし、ふと気が付けば、手元にある写真の中に、私が写っているものの少ないこと……。

 

子どもたちの成長とともに、写真を撮る機会もどんどん少なくなっているので、私が写っている写真なんて1年にほんの1〜2枚なのです。

 

「このままでは私が存在していないみたいだ」「何かあったときに、私の写真がなくて困るかも……」などと縁起でもないことまで考えてしまう始末。

 

写真を見て、自分の老いを突きつけられるような気持ちになることもありますが、これがありのままの私。

 

いつか「このころの私ってどんな感じだったんだろう?」とならないように、もう少し写真を残しておこうかなと思っている今日このごろです。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター和田フミ江

    姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP