「人生はあっという間」宵越しの金は持たない精神の夫のトラウマとは? #デブス女の修羅場 32

「デブス女の修羅場」第32話。息を吸う以外はマンガを描いていたいアラフォー女子、ぷよ子さんのマンガを紹介します。ぷよ子さんの夫であるZ夫さんにはリボ払いでできた借金がありました。それを整理したというZ夫さんの発言をきっかけに夫婦でお金のことについて話し合っていると……。

 

夫婦でお金のことについて話し合う

#デブス女の修羅場32

 

こんにちは! アラフォーデブス女のぷよ子です。

 

Z夫さんと結婚する前、私はZ夫さんが元カノに貯金を持ち逃げされたことで借金を背負ってしまったことを聞きました。婚活サイトで知り合ってまだ1回しか会ってないのに、ヘビーな話をするな〜とそのときは思っていました。

 

でも結婚した今はお互い今までのようにお金を使うわけにもいかず、話し合うことにしました。

 

#デブス女の修羅場32

 

#デブス女の修羅場32

 

 

 

#デブス女の修羅場32

 

#デブス女の修羅場32

 

#デブス女の修羅場32

 

私の手取りは月10万程度でした。生活費を払って税金なんかを払うと、自由に使えるお金はあまりありません。もっとZ夫さんを助けたいと思うものの、すぐに収入が上がるなんていうことはなく……。

 

私はマンガを描くことが好きで外出もしないし、友だちも少ないので交際費もかかりません。なので手元に残るお金が少なくても構いませんでした。

 

ローンを抱えるZ夫さんにも節約してもらわないといけないと思っていたのですが、Z夫さんは「休日に遠出しよう!」とひと言。そう、Z夫さんにはちょっとした浪費癖がありました。

 

だから稼いでいるのに生活がギリギリなんだよ……。

 

でもZ夫さんには「人生はあっという間だから楽しまないと損」という考えがあるみたいでした。

 

 

#デブス女の修羅場32

 

#デブス女の修羅場32

 

Z夫さんが生活費のギリギリまで浪費してしまう理由の1つには元カノの存在がありました。

 

貯金を全額持ち去られたことが深い傷になっているようで、貯金してもまた持ち逃げされるかもしれないと思っていたみたいです。

 

逆に私の貯金について聞かれましたが、私の貯金はほぼ0! 給料をケンタッキーに貢ぐような低収入ブラックアルバイターなのでね……。

 

貯金が少ないということも私たち夫婦の共通点。本当に似たもの同士だな、と思いました。

 

ー--------------

 

夫婦でお金について話し合ったぷよ子さん。皆さんは夫婦になったとき、お金について取り決めをしたことなどはありましたか?

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぷよ子

    低収入ブラックバイトで労働しているアラフォーのデブス女。最近妊娠し、不慣れな状況に戸惑いを隠せない。仕事の悩み、高齢妊娠の悩み、夫婦の気持ちを赤裸々に描いたブログを更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶