「いいお父さんになりそう」そう思ったものの酔った夫を見ていると… #デブス女の修羅場 33

「デブス女の修羅場」第33話。息を吸う以外はマンガを描いていたいアラフォー女子、ぷよ子さんのマンガを紹介します。婚活サイトを通じて出会ったぷよ子さん夫婦。とある日、子どもやお金について話し合いをした後、Z夫さんは「一緒に飲もう」とぷよ子さんを晩酌に誘って……。

 

酔っ払った夫の姿は…!?

#デブス女の修羅場33

 

こんにちは! アラフォーデブス女のぷよ子です。

 

アラフォー夫婦の私たちにとって、子どもについては大きな問題でした。年齢のこともそうですが、子どもを育てるのにはどうしてもお金がかかります。Z夫さんにはローンや借金もあったので、そのことについてもよく話し合いをする必要がありました。

 

結果、子どもはできたらうれしいけどいなくても構わない、お金についてもお互いに生活費を出すという形で落ち着きました。

 

#デブス女の修羅場33

 

#デブス女の修羅場33

 

#デブス女の修羅場33

 

 

#デブス女の修羅場33

 

#デブス女の修羅場33

 

Z夫さんは私と一緒にお酒を飲もうと思っていたらしく、私が一番好きなチューハイを買ってきてくれていました。

 

そのとき、「丹精込めて育ててきたビール腹に栄養補給の時間だ!」とZ夫さんは言っていました。Z夫さんは借金の返済が生きがいだったりしたこともあったので、何か育てるのが好きなのかな……と思ってしまいました(笑)。

 

育てるのが好き、ということは子どもも……!? と思った私は「Z夫さんはいいお父さんになりそう!」と心の中で喜んでしまいました! この考え方、絶対間違っているよな……。

 

その後お酒を飲んでいると、Z夫さんがだんだん酔っ払ってきて……。

 

 

#デブス女の修羅場33

 

#デブス女の修羅場33

 

#デブス女の修羅場33

 

Z夫さんは酔っ払うと、まさかの歌いだす。音痴なのにリサイタル開催しないで!!

 

ラブソングを熱唱するZ夫さんには私の声が聞こえないようで……歌うな! と言っているのにどんどんヒートアップしていっていました。

 

私もお酒が入っていたので、こうなったら一緒に歌うか! とZ夫さんと一緒に熱唱してしまいました(笑)。

 

お互いに音痴なので音程は外れまくり。でも2人で歌っているからどこかで音程がかみ合う奇跡が起こっていたかもしれません(笑)。

 

ー--------------

 

酔うと歌いだしてしまうZ夫さん。皆さんは酔うとどんなふうになりますか?

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぷよ子

    低収入ブラックバイトで労働しているアラフォーのデブス女。最近妊娠し、不慣れな状況に戸惑いを隠せない。仕事の悩み、高齢妊娠の悩み、夫婦の気持ちを赤裸々に描いたブログを更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶