「え!?私のせいに?」観覧に行きたがる義母を嫁のせいにして断った夫についに… #孫の発表会に来たがる義母 2

「孫の発表会に来たがる義母」第2話。夫と息子と三人で仲良く暮らしている主人公ですが、1つだけ問題が。それは近所に住む義母の孫フィーバー。悪気はないけど、やり過ぎてしまうことが多々あり……。ついに小学生の息子の発表会でのちょっとした、いざこざが起き……。

主人公の息子が通う小学校では、毎年「学習発表会」という行事があります。内容は学年によって変わり、1年生は音楽劇。ただ、お便りを見ると観覧は「1家庭2人まで」という記載がありました。パパに仕事の都合を聞くと、その日はちょうど休みとのこと。ですが、お便りを読むと「母さんはどうするの?」と開口一番に義母の心配。発表会があることを話してしまったようなのです……。

 

諦めない義母

義母2

 

義母2

 

“私だって意地悪で言っているわけじゃない。来てもらえたらうれしいし、ありがたい。

 

でも、うちだけ特別っていうわけにはいかないし、子どもの行事は夫婦で見に行きたい!”

 

「お義母さんにはうまく説明して」とパパにお願いしました。

 

すると後日、家に義母が訪れて……。

義母2

「何とかして見に行けないかしら?」と言う義母……。

 

 

“夫よ、どう説明したんだ?”と怒りが込み上げてきます。

義母2

 

義母2

 

パパは義実家にちょくちょく1人で遊びに行くので、そのときに発表会の話をしたそう。

 

ですが、その話というのが……。

義母2

 

 

義母2

 

……みたいな話の流れだったらしく。

義母2

 

「息子が発表会の練習を頑張っているんだ〜」と義母の期待を高めておいて、

 

「でも、観覧は2人までなんだって。俺は気にしないんだけど、嫁がさ〜……」と話してきたとのこと。

 

最悪な伝え方ですね。学校での決まりごとなので「俺は気にしない」「嫁がさ〜」という問題ではありません。皆さんならこのようなとき、どう対応しますか?

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターあべかわ

    アメブロ公式トップブロガー。しがないワーママ

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    14 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      皆が「一人くらいいいじゃない」と思ったら何人増えるのか、自己中想像力のなさが親子で仲よく一緒ですね。
      +15 -0

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶