記事サムネイル画像

「ビールある?」「牛乳ないよ?」私は召使い!?新婚生活はモヤモヤが溜まる一方で

夫と憧れの新婚生活を楽しんでいたころ、あるとき、私は「夫の召使いなのではないか?」と思うことがありました。そう感じたワケとは……。

「ビールある?」「牛乳ないよ?」私は召使い!?新婚生活はモヤモヤが溜まる一方で

 

まるで召使い!?

私が夫と結婚してしばらくすると「まるで私は夫の召使いなのではないか?」と思うことがたびたびありました。

 

例えば、夫が「ビールある?」と言えば、私は「あるよ」と返事し、すぐに冷蔵庫からビールを出し、夫が「牛乳がないのだけど」と言えば、私は「じゃあ、今日帰りに買ってくるね」などのように、夫の発言に対して、すぐ私は行動を起こしていたからです。

 

もやもやがたまった結果

夫のことは好きだけれども、夫が発言したことに対して、すぐに私が行動し続けた結果、なんだか私は、違和感を覚えていました。まるで召使いになったような気分になっていたのです。

 

夫の発言に対して、私はすぐに行動を起こすのに、逆に私の発言に対して夫がすぐに行動することは、あまりないような気がする……。そう感じていた私は、もやもやが溜まる一方でした。

 

「こんなのまるで召使いみたい!」そう思った私は、あるとき、夫に私の気持ちを話してみることにしたのです。

 

夫の言い分とは?

話し合った結果、わかったことは、夫は、私のことを召使いのように使っているつもりは一切なく、ただ自分の思ったことを口にしているだけでした。夫の発言に対して、私が「行動しなきゃ」「なんとかしなきゃ」と思っていたのは、完全に私の思い込みだと言うこともわかりました。

 

夫が「ビールある?」と聞いたら、これは質問しているだけなので、私は「あるよ」もしくは「ないよ」のように、あるなしだけ答えればいいこと、「牛乳ないのだけど」と言われたら、「そうだね、ないね」と同意や共感をすればいいと気づいたのです。

 

 

モヤモヤしていた気持ちを夫と話し合うことで、私は自分の受け取り方やコミュニケーションスタイルの特徴にも気がつくことができました。すべて自分でやろうとするのではなく、相手は質問しているだけ、同意や共感を求めているだけということもあることを学びました。

 

著者/nanoka22

イラスト/かたくりこ

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶