「私、彼の前で…」自分のイヤな姿を見られてしまった。すると彼が衝撃的なひと言

私は中学生のころから、生理痛がひどいタイプでした。そのころから生理痛の薬は私にとって必需品。痛くなる前に飲まないと効かず、生理痛で学校を早退したこともあったほど。大学生になると、生理痛に加え、生理前にイライラすることが多くなったことに悩まされていて……。

「私、彼の前で…」自分のイヤな姿を見られてしまった。すると彼が衝撃的なひと言

 

「私、彼の前で…」自分のイヤな姿を見られてしまった。すると彼が衝撃的なひと言

 

低用量ピルを処方される

大学生になると生理痛に加え、生理前に心が不安定になるようになりました。そんなとき、当時お付き合いしていた彼氏に「イライラしているね、生理前なのかな?」と言われたのです。彼氏はまったく悪気はなく、私自身も「彼に気をつかわせてしまった」とハッとしてしまいました。そしてインターネットで調べ、PMS(月経前症候群)という言葉を知ったのです。

 

PMSについて相談してみようと、私は初めて産婦人科を受診。周りは妊婦さんばかりで緊張しました。生理のことを話すので、女性の先生がいる病院を選んだのですが、先生はやさしく話を聞いてくれたので安心したことを覚えています。

 

内診をした上で「飲んでみる?」と処方されたのは低用量ピルでした。当時、私が抱いていたピルのイメージは、「避妊のために飲むもの」というもので、PMSに効くことは知らなかったため、「本当に、効くのかな……?」と半信半疑でもありました。

 

それでも毎月のPMSや生理のことを思うと「ラクになれるなら……」と飲んでみることにしたのです。

 

あんなにひどかった生理痛はどこへ?

私が服用したピルは、28日間毎日1錠ずつ服用し、1週間の休薬期間を作るもの。そして休薬期間が終われば、また28日間服用するというサイクルのものでした。私の場合は休薬して3日後に生理が始まり、4日ほどで終わるようになりました。

 

飲み始めのころは、副作用か少し体のダルさを感じることもありましたが、数日でよくなり、気づけば、あんなに悩まされていたPMSや生理痛の症状がほとんどなくなりました。

 

生理痛の薬も飲まずに生活できるようになりとっても快適に! また経血の量も減ったため、生理期間を通して少ない日用のナプキンのみで過ごせるようになりました。

 

ほかにもある! 私が感じたピルのメリット

そのほかにも、数日であれば生理日をずらすことができ、旅行などの予定が立てやすくなるといったメリットも感じられました。

 

定期的な受診と血液検査は必要になりますが、毎月の生理が苦痛ではなくなり、現在は生理とうまく付き合えています。

 

 

私が低用量ピルを服用し始めてから10年以上が経ちました。途中、2人の子どもの妊娠・出産のため、4年ほど飲まない時期もありましたが、産後の生理が戻るとやはりPMSと生理痛がひどくなったので、今はまた低用量ピルを服用しています。生理は毎月付き合っていくものなので、あのとき勇気を出して受診をしてよかったです。

 

著者/橘 亜弥
作画/ちゃこ
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターちゃこ

    漫画のお仕事をしています。インスタグラムでグルメ備忘録を更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶