「女の子はいらない」待望の第一子を見せたときの義母の反応がありえない!

30代前半のころ、まだ子どもがほしいと思えなかった私は、38歳で妊活を始めました。そして、1年後の39歳のときに妊娠が判明!「お義母さんもさぞかし喜んでくれるだろう」と思い、私と夫はウキウキしながら義母に妊娠報告をしに行きました。すると、義母の反応は……。

「女の子はいらない」待望の第一子を見せたときの義母の反応がありえない!

 

「女の子はいらない」待望の第一子を見せたときの義母の反応がありえない!

 

39歳で待望の第一子を妊娠!

30歳で結婚し、まだ子どもをほしいと思えなかった私たち夫婦は、私が38歳のときにようやく妊活を始めました。高齢なこともあり、授かれたらラッキーだねと夫と話しながら、半ば諦めつつ妊活を頑張る日々を過ごしていました。

 

その後、妊活を始めて約1年後、私が39歳のときに妊娠していることが判明! 義母にも「初孫を見せてあげられるかもしれない」とうれしくなって、妊娠2カ月のときに、夫と二人で義母の家に妊娠報告をしに行きました。

 

義母からとんでもないひと言が!

義母はいわゆる熟年離婚をしていて家にひとりでいるため、うれしいニュースを早く伝えてあげたいと考えていた私。「うれしくて泣いちゃうかな?」と、夫とワクワクドキドキしながら義母の家に向かいました。

 

そして、私が妊娠していることを伝えると、義母は真顔で「へーすごいじゃん」と。(あれ? 反応薄いな?)とは思いましたが、そのまま会話を続けていると「性別は?」と聞かれ「まだ分かりません」と伝えたところ……。なんと、義母に「女の子だったらいらないから」と言われたのです!

 

(ん? 今なんて?)と冗談だと思った私は、笑いながら「なんで女の子ならいらないんですか」と返したら、義母は「だって跡継ぎにならないじゃない! 私も子どもなんて産みたくなかったけど、1人目が男の子(私の夫)でラッキーだったわよ。女の子だったらもう1人産まなきゃいけないからね!」と言うのです。

 

(あれ? もしかして冗談ではないのかな?)と思い、気分が悪くなった私は「では女の子だったら二度と会いに来ません」と義母に伝え、この話はやめようとしました。夫は完全にギャグだと思っていたようで終始笑っていましたが、私には笑えませんでした。

 

義母は私の言葉に慌てて「別に会っても良いのよ」と。しかし、続けて「でも女の子は産む意味ないからね」と言うのです!! まだ性別の分からないうちから「女の子は産むな」「女の子はいらない」、こんなひどいことを言う人だなんてとびっくりしましたが、それよりもガッカリしました。

 

女の子を出産したあとの義母の反応は…

義母に「女の子はいらない」と言われたことがショックだった私。周りの友人に相談したら、「そんなこと言っても、いざ産まれたら女の子でも溺愛するわよ」と励ましてくれました。

 

その後、私は女の子を出産。可愛くて愛おしくてたまりません。あんなことを言った義母には会わせたくありませんでしたが、百日祝いのときにいやいやながらも娘を見せに行きました。すると、義母は「抱っこしたい!」「かわいいわね」と、とても喜んでいて、予想外の反応ではありましたが、邪険にされず私は安心しました。

 

しかし、ホッとしたのも束の間。それからは、義母がわが家に来るたびに「私は一発で男の子を産んだからラッキー」「女の子を産んでたらもうひとり産まなきゃダメだったからね」と、遠回しに「女の子はいらない」「あなたも次は男の子を産みなさいよ」と言われ続けています。次に義母から同じことを言われたら、今までの恨み辛みを全部お伝えしたうえで、わが家を出禁にしようと思っています。

 

 

実は、義母はわが家に来るときに私や夫への手土産は買ってきてくれるものの、娘へのお土産は一度も買ってきてくれたことがありません。それに気づいてからは、夫も義母から娘への愛情が薄いことを理解したようで、「俺たちへの手土産を買うくらいなら娘の服を買うなりして、娘のためにお金を使ってほしい」と義母に話しています。夫も、今後の義母の態度によっては出禁にすることを納得してくれています。

 

古い時代から「男の子を産め」との考えを持つ人がいることは知っていましたが、まさか、女性である義母に「女の子はいらない」と言われるとは思いもしませんでした。

 

妊娠するまでは、年に何回か私たち夫婦と一緒に旅行するぐらい、義母とは仲良くしていました。それが、今では義母が来るたびに「またわが子を否定されるのか」と胃痛がします。あれだけ仲良くしていたのに、妊娠・出産という初めての体験を前に義母の新たな一面を知ることとなってしまい、とても残念です。義母の言動を反面教師にして、私は子どもの前で「子どもなんて産みたくなかった」という呪いの言葉なんて絶対に吐かない! と心に誓いました。

 

原案/山野さーたんさん
作画/霜月いく

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーター霜月いく

    マンガとイラストを描いてます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶