「実家とは連絡を取ってないし…」ママの告白に義母がまさかの反応を… #私がSNSを辞めた理由 150

「私がSNSを辞めた理由」第150話。アカウントが復活し、SNS依存をやめる決意が揺らぎ始めたM美さん。一方、パパは会社に寄ってリモートワークの資料を取り、家に帰ろうとしていると……

かわいいうさぎの3人家族のぬいぐるみを見つけ、プレゼント用の購入しました。車へ乗り込むと、今までM美さんへ無神経なことをしていたかもしれないと過去を思い出すパパ。付き合ったころ、幼少期の話をすると「いい思い出がないから、あんまり思い出したくない」とM美さんは暗い顔で答えて……?

 

義実家へのあいさつでも、過去を伏せ…

私がSNSを辞めた理由 第150話_1

 

私がSNSを辞めた理由 第150話_2

 

私がSNSを辞めた理由 第150話_3

 

 

私がSNSを辞めた理由 第150_4

 

私がSNSを辞めた理由 第150話_5

 

 

私がSNSを辞めた理由 第150話_6

 

私がSNSを辞めた理由 第150話_7

 

「そ、そんなに話したくないの? じゃあ今度気が向いたときにでも聞かせてね……?」

実家とよほど不仲……? それとも学校でいじめにでも遭っていたのかな……と、深掘りしなかったパパ。

 

さらに、M美さんが義実家へ結婚の挨拶に行ったときもそうでした。

 

パパに紹介してもらったM美さんは、

「実は私は事情があって、実家と連絡をとっていません……! 通信制高校を卒業して、ずっとひとりで生きてきました。そんな私がT男さんと釣り合うのか……という意見も正直ありました。もし私との結婚がダメなら、遠慮なくおっしゃってください」

過去を伏せつつ、あいさつしました。

 

しかし義母は、

「そんなこと気にする必要、まったくないのよ。人間の価値は学歴や出自で決まらないとT男にも教えてきたわ。M美さんも胸を張って生きて」

励ます言葉をかけ、そんなM美さんを受け入れました。

 

2人のやりとりを見て、うまくやっていけそうだと思っていたT男さんでしたが……?

 

 

パパの目には“うまくやっていけそう”と映っていますが、娘ちゃんを義実家へ預けてビデオ電話した際、幸せそうな義実家を見るとM美さんは自分の実家を思い出し、惨めな気持ちになっていました。虐待を受けていた過去を知らないので無理もないのですが……M美さんはこのときから義実家に行ったり、やりとりしたりするのはつらかったのかもしれませんね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターあこ

    三国一のテキトーで面倒くさがり。絵が苦手なのになぜか絵を描いています。将来の夢は旅人。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    38 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶