「結婚式の準備は進んでいるの?」お義母さんからの衝撃の相談とは…!? #カサンドラ症候群で離婚 5

「カサンドラ症候群になって離婚した話」第5話。アスペルガー症候群の夫、ユーマさんとの結婚生活からカサンドラ症候群になり、離婚したアコさんのお話です。アコさんの夫、ユーマさんは、やさしくて真面目な人。しかし、なぜか結婚生活に息苦しさと孤独を感じていたアコさん。あるとき、ユーマさんが自分に向けて心から笑っているところを見たことがないことに気が付きます――。

結婚する前のこと、アコさんはユーマさんからいずれは両親と敷地内同居を考えていることを聞かされます。アコさんは同居には抵抗があることを伝えつつ、会ってから考えようと思いました。ユーマさんの実家へ行き、お義母さんに会うとやさしく感じの良い方でアコさんはひと安心。ただ、アコさんが同居するような前提で会話が進むことに戸惑ってしまいます。

自宅に帰り、しばらくは義実家のことは考えたくないと思っていたアコさんでしたが、ユーマさんの祖母が余命宣告を受けたとの知らせが届き、再び訪問することに。ここでアコさんはお義母さんから衝撃の相談を受けることになって――!?

ドキドキしながらユーマさんの義実家を訪問したアコさんでしたが、お義母さんは物腰の低いやさしそうな人でした。けれども、義両親や親族分の食事代を長男のユーマさんが払うこと、アコさんが同居することなどが当たり前のような空気に、戸惑ってしまいます。

 

帰宅後、ユーマさんの祖母の余命宣告の知らせを受け、お見舞いに行きました。するとお義母さんから「ちょっと相談があるんだけど」と声をかけられます。それは結婚式に関する衝撃的な相談だったのです……。

 

義母からの衝撃の相談

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

#カサンドラ症候群になって離婚した話 5

 

ユーマさんの祖母が余命宣告を受けたという知らせを受け、再び義実家を訪問することになったアコさん。ユーマさんに、また同居のことを当たり前のように言われたときは、助けて欲しいと念を押しておきました。

 

祖母の入院先へお見舞いに行くと、お義母さんから相談があるとアコさんは声をかけられました。お義母さんの相談は、結婚式の招待客のこと。「組合の2人を追加してほしい」と言われ、組合という単語を初めて聞いたアコさんはポカン。

 

するとすかさず義妹が口を挟んできました。

 

「あのねー、こっちで暮らすなら組合の人ともうまく付き合っていかなきゃいけないんだよ! 今からそんなんじゃ迷惑かかるんだからちゃんとしてよね」

 

さらに病院の待合室で組合などの風習を延々と語られたかと思えば、地元の人まで会話に加わってきてアコさんは責め立てられてしまいます。

 

遠くから見ていたユーマさんにアイコンタクトで助けを求めると、ユーマさんは口を挟んでくれました。しかし、それは束の間でした……。

 

 

 

「組合」について知らなかっただけで、義妹から怒られてしまったアコさん。田舎の風習を聞かされ、地元の人にまで責め立てられるのはショックですよね。義妹さんはすでに組合の方とのお付き合いで苦労されているのかもしれません。なおさら、何も知らないアコさんに寄り添ってアドバイスしてもらえるとよかったですよね。

 

作画:鳥頭ゆば

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターアゴ山

    シングルマザーで2児の母です。自分の体験談や過去に出会ったヤバイ人たちの話などを書いてます。イラストは鳥頭ゆばさんに描いて頂いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    13 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶