「もう無理。できない!誰か助けてよ!」二人きりで号泣する私と子どもを救ってくれた『一本の大根』

フリーランスのイラストレーターとして活躍中のみほははさん。子どもたちとの思い出や夫婦のことをテーマにマンガを描いています。知らない土地での初めての育児、毎日がしんどくなってついに感情が爆発……!

私と子どもの泣き声が、荒れた部屋に響き渡った…

知らない街で初めての子育て。
赤ちゃんと2人だけの毎日。
日中は大人との会話がなく、息が詰まってしまいそう……。

 

そんな状況に苦しんでいたころの、みほははさんのお話です。

 

私と子どもの泣き声が荒れた部屋に響き渡った……

 

私と子どもの泣き声が荒れた部屋に響き渡った……

 

私と子どもの泣き声が荒れた部屋に響き渡った……

※しんどなって→しんどくなって

 

私と子どもの泣き声が荒れた部屋に響き渡った……

 

私と子どもの泣き声が荒れた部屋に響き渡った……

 

 

私と子どもの泣き声が荒れた部屋に響き渡った……

 

私と子どもの泣き声が荒れた部屋に響き渡った……

 

私と子どもの泣き声が荒れた部屋に響き渡った……

 

 

私と子どもの泣き声が荒れた部屋に響き渡った……

 


たった一本の大根が、みほははさんの心に灯をくれました。

 

みほははさんは、


「『子育てが孤育てになる』。それは絶対にしんどくて。
誰かと話したくて買う物がないのにスーパーに行って、レジの方とほんの少しの会話を求めたり。
とにかく赤ちゃんと二人きりがつらくて、誰かと話したくて、どんどん追い込まれていた時期。
だけど、このことがあってからだいぶ前向きに育児に向き合えるようになって……。大切な思い出」


と振り返ります。

 

 

SNSのコメント欄でも共感の声がたくさん集まっています。


「育児をしながら自分の心と体のバランスを取るのが本当に大変なんだなと実感してます。小さなやさしさに本当に救われますよね。私もそういう方がいたら、やさしくしたいなって思います」


「私も産後しんどくて崩れそうだったときを思い出しました。あのときの自分に『大丈夫! なんとかなるよ! 助けてくれる人、たくさんいるから』と伝えたいです」


「わが家もまったく同じ経験あります。大根ではなくリンゴでしたが、長女と私の2人で号泣していたら、お隣さんがピンポンしてくれました。りんごいっぱいあるの!食べて〜!と」

 

 

この大根をくれた親切なご近所さんも、ひょっとしたら同じような経験をされたのかもしれませんね。

 


つらいときには自分だけが孤立しているかのように思ってしまいがちですが、実はやさしく見守ってくれている人が結構いるのかも……。

苦しいとき、つらいときには、ひとりで抱え込まずに思い切って周囲に助けを求めてみてくださいね。
 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターみほはは

    男の子ふたりの母。専業主婦だったが「お母さんでもきっとできることがある!」と一念発起し、フリーランスのイラストレーターとして独立。SNSでは子どもたちとの思い出や夫婦のことをテーマにマンガを公開している。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶