冬の室内の寒さ対策!赤ちゃんに靴下をはかせる?どんな室内環境にする?

2017/11/07 07:00
16
寒そうに見える小さな足もと。親としては赤ちゃんに靴下をはかせたくなりますが、実は屋内にいる赤ちゃんに靴下は不要だといわれています。大人が寒いなと感じるような日は室温を暖房などで適温に保ってあげましょう。赤ちゃんの服装は、脱ぎ着のしやすい重ね着がおすすめです。室温とともにに気を付けておきたいのは湿度。冬は乾燥するので40~60%の湿度を保つといいようです。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
住まい
生活習慣
風邪予防

 

もうすぐやってくる寒い冬。冷たいフローリングの上で転がったりハイハイしたりする赤ちゃんは、なんだかかわいそうに見えますよね。親としては赤ちゃんに靴下を履かせてあげたくなりますが、赤ちゃんにとってはどうなのでしょうか?ここでは、寒い冬に知っておきたい、屋内での赤ちゃんの衣類についてご紹介します。

 

靴下はNG!?赤ちゃんが素足でいる理由

寒そうに見える小さな足もと。親としては赤ちゃんに靴下を履かせたくなりますが、寒い冬でも暖房が効いている屋内なら、赤ちゃんに靴下は不要だといわれています。

 

また、まだ体温調節のうまくできない赤ちゃんは、足の裏をセンサーにして体温調節をしているともいわれています。靴下で覆われているとそれができずに体を適温に保てないのだとか。室内にいる赤ちゃんは足ではなくおなかを触ってみて、冷えているかどうかたしかめるとわかりやすいですよ。

 

室温は暖房で適温に保って

大人が寒いなと感じるような日は、室温を暖房などで適温に保ってあげましょう。赤ちゃんの適温は、冬で22~23℃ほどだといわれています。冷たい空気は下にたまるので、大人の背丈ではなく赤ちゃんの過ごす床付近に温度計などを置いておくと便利ですよ。

 

赤ちゃんの服装は、脱ぎ着のしやすい重ね着がおすすめです。また、部屋を暖めすぎて汗をかいてしまうと逆に風邪の原因となります。赤ちゃんの首の後ろや背中で汗をかいていないか、こまめにチェックしてあげるといいですね。


室内の湿度を保っておくことも大事

室温とともに気を付けておきたいのは湿度。冬は乾燥するので40~60%の湿度を保つといいようです。わが家は加湿器を置いていないので、乾燥がひどいときにはやかんを火にかけて湿度を少し上げるなどしています。

 

室温に気を取られてしまうと、部屋は乾燥しがちになります。乾燥は風邪のもと!新陳代謝のいい赤ちゃんは大人よりも水分を多く消費するので、冬でもこまめに水分補給をさせてあげましょうね。

 

 

冬は風邪の季節。冷やさないようにと心がけることも大事ですが、大人と赤ちゃんの体の違いに気を配って、快適な状態をつくってあげられるといいですね。(TEXT:ママライター里川まちこ)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
16

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。