「すんげーのが撮れてたよ」出産中のレアな写真を確認すると、驚きの光景が… #いくらの初産3750g出産レポ エピローグ

【いくらの初産!3750g出産レポ エピローグ】 アラサー主婦いくらさんの初めての出産をマンガで紹介します。

無事に赤ちゃんが産むことができたいくらさん。入院中、赤ちゃんを抱きながら夫と会話をしていたとき、いくらさんはあることを思い出しました。

 

「出産直後のバタバタの中、助産師さんが私のスマホで写真を撮ってくれていたような……」


お母さんに確認すると、「ああ、あれね。すんげーのが撮れてたよ」と言って、スマホをごゴソゴソと出してくれました。そこでいくらさんが目にしたのは……!?

 

貴重な1枚…

いくらEP

 

いくらEP

 

 

いくらEP

 

いくらEP

 

いくらEP

 

 

いくらEP

 

いくらep

 

いくらさんのバースプランは大きく分けて2つ。夫と家族が分娩室に入らないこと、赤ちゃんが生まれたらすぐ家族と自分が赤ちゃんを抱っこして、そのときに家族の記念写真を撮るということでした。

 

しかし、いくらさんは赤ちゃんを産んだ直後は体調が悪かったため、産んですぐの記念写真は撮れませんでした。それでも、「命が最優先だから」と、落ち着いてからお母さんに家族写真を撮ってもらったことにいくらさんは満足していました。

 

けれどそんな中、出産直後に助産師さんが写真を撮ってくれていたことを思い出したいくらさん。どんな写真か聞くと、「すんげーのが撮れていたよ」とお母さん。
 
写真を見たいくらさんは「こ、これは……!!」と言葉を失いました。

 

その写真は、生まれたてほやほやの赤ちゃんの写真でした。そしてなんと、うんちや吸引カップやはさみやへその緒、血まで写っていたのです。

 

それは、出産現場の過酷さを語るのに、貴重な写真でした。2年経った今でも、たまにこの写真を見返して、「本当に私から生まれてきたんだ……!!」と実感しているいくらさんなのでした。
 

◇   ◇   ◇


思い描いていたバースプランをなんとか叶えようとしてくれた助産師さんに、感謝をするいくらさん。いくらさんはこの写真を見たとき、ホラーかとおもうほどびっくりしたそうです。それでも出産当時を鮮明に思い出させてくれて、自分がわが子を産んだことを実感できる1枚の写真。いくらさんにとって一生の宝物ですね。

 

 

 

監修/助産師 REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターいくら

    作者(いくら)・夫(シャケ)の同い年夫婦と、2020年生まれの息子(おにぎり)の3人のおにぎり一家。Instagramで育児漫画、夫婦漫画、妊娠出産レポなどを投稿している。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶