「死ぬなって言ったじゃない」夫を見た義母と妻はショックのあまり泣き崩れ… #私がSNSを辞めた理由 158

「私がSNSを辞めた理由」第158話。病院のスタッフからパパのひどい怪我の内容を聞き、「夫は助かりますよね? 死んだりしませんよね?」とM美さんが質問。しかし、「詳しい説明は後で」と言われ、ただ待つしかないM美さんは自分のせいでパパが事故に遭ったと責め始め……

パパが「“自分なんか”と卑下しないで」とやさしく気遣ってくれましたが、それは夢でした……。義母が無事に到着し、医師から言われたのは「今夜が山」という信じがたい言葉。さらに、手術を終えたパパが病室へ運ばれるのに、手を握ることはおろか近づくことさえも感染症対策のために許してもらえないと説明されると……?

 

パパのひどい顔色を見たママは…

私がSNSを辞めた理由 第158話_1

 

私がSNSを辞めた理由 第158話_2

 

私がSNSを辞めた理由 第158話_3

 

 

私がSNSを辞めた理由 第158_4

 

私がSNSを辞めた理由 第158話_5

 

私がSNSを辞めた理由 第158話_6

 

私がSNSを辞めた理由 第158話_7

 

「……あれはパパ!」

 

パパに気づき、義母とM美さんが近寄ろうとすると……

「お気持ちわかりますが、近寄らないでください!」

医師から止められました。

 

遠くから少し見える程度でも、はっきりわかるほど悪い顔色。

 

あんなに……人形みたいな顔色……

本当にこのまま帰ってこないんじゃ…

そう思ったM美さんは、いてもたってもいられませんでした。

 

「……そんなの絶対ダメ!」

「パパ! これを見て! 娘ちゃんの絵だよ! 私たち近くにいるんだよ!」

「娘ちゃんが大好きなパパは世界であなただけなんだよ! 娘ちゃんのために、家族のために……必ず戻ってきて!」

M美さんの声がパパに届いたかどうかわからないまま、姿が見えなくなってしまいました。

 

「私に死ぬなって言ったじゃない……」

義母とM美さんは、震えて涙が止まりませんでした……。

 

 

パパの意識を取り戻すため、遠くてもパパの耳に届くように叫んだM美さん。パパの顔色は遠くから見ても悪いのに、近寄ることも、手を握ることもできないなんて……つらいですね。何もできないもどかしい状況ですが、パパが回復することをみんなで願うしかありません。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターあこ

    三国一のテキトーで面倒くさがり。絵が苦手なのになぜか絵を描いています。将来の夢は旅人。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    23 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      マスクのシーンは笑えません。
      来月出産を控えている方から、産院に「分娩時もマスクで」「苦しかったら酸素マスク」と言われたのを聞いて、今でもこういうことがあるんだとショックを受けています...
    • 通報
      酸素マスクの下に普通のマスクしてて草
      +66 -34

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶