「生理痛なんて、なんとかなる」間違ってた!史上最大の激痛が襲ってきて…!?

私は生理痛で薬を飲む習慣がなく、「薬がなくても、なんとかなる」と、いつも痛みを我慢して過ごしていました。しかし、あるときの生理中、我慢できないほどの痛みが襲ってきたため、さすがに薬を飲むことにしたのですが……。

 

薬に頼りたくない!

生理のときに、「生理痛で……」という話をすると、周囲の人から「薬あげようか?」とよく言われます。“生理痛=痛み止め”というのは一般的に浸透していると思うのですが、なぜか私は痛み止めを飲むことに抵抗がありました。

 

私の場合、生理痛があるのは、だいたい生理の1日目か2日目。痛みがあるものの、薬を飲むほどでもないかな……と思いながら過ごしているうちに気づけば良くなっている、というのがいつものパターンでした。

 

いつもより強い痛みにダウン

あるとき、いつもより生理痛がつらいときがありました。痛みを5段階で1(弱)から5(強)として表したとき、いつもの生理痛が3か4としたら、そのときは5の痛みでした。

 

運の悪いことに、その日は仕事が忙しく、痛みを我慢しながら働くのは限界がありました。仕事どころか、今すぐにでも横になりたい気持ち。しかしそうもいかないため、さすがに痛み止めを飲もうと思ったのです。

 

普段飲まないので自分では常備していなかったので、同僚数人に痛み止めを持っていないか声を掛けてみると、市販の鎮痛薬を持っている人がいたので、薬をもらいました。

 

薬ってこんなに効くんだ…

薬を飲んで少しすると、痛みが和らいできたのを感じました。さらに時間が経つと、あんなに痛かったのが嘘のように、痛みがラクになっていました。

 

まったくなくなったわけではないのですが、下腹部に違和感を覚える程度で、痛みというほどではありません。こんなにラクになるなら、どうして今まで我慢していたんだろう……と思うほど、薬の効果を実感。“生理痛=痛み止め”というイメージが浸透していることにも納得しました。

 

 

市販の鎮痛薬を敬遠していたことに、特に理由があったわけではありません。「食わず嫌い」ならぬ「飲まず嫌い」のようなものだったので、痛み止め薬で生理痛ってこんなにラクになるんだ!と感じ、驚きました。それからは、生理痛のあるときは我慢せずに、薬を飲むようにしています。痛みがひどくなるようなら受診も考えつつ、毎月のことなので、無理はしないで過ごそうと思うようになりました。

 

著者/うみの るな
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶