「何かが出ちゃいそう」突然の陣痛に頭がパニック!忘れ物を回収する余裕もなくて… #初産分娩3時間のお産 8

「初産分娩3時間のお産」第8話。1児のママ、yasuco(@yas_uco)さんが2017年に娘さんを出産したときの体験談をつづっています。初産で分娩時間3時間だったことから、周りからは「安産で良かったね!」と言われたyasucoさん。しかし、実際の出産は思っていた以上に大変で……!?

出産予定日を8日後に控えた日の深夜。

 

突然破水したyasucoさんは、旦那さんと一緒に病院へ向かいます。

 

病院に到着し、事情を話すと、陣痛室へ案内されるyasucoさん。

 

破水していることを助産師さんが確認すると、その場で入院が決まったのでした。

 

最初は痛みもなく余裕だったyasucoさんですが、次第におなかや腰の痛みを感じるように……。

 

本当は凄く痛いのだけれど、“表面まだ大丈夫です”という顔をすることで、何とか正気を保っていたのですが、段々痛みがつらくなってきました。

 

「やすこさーん、痛いですよね」と痛みを気にかけてくれる助産師さん。

 

「内診の前にお手洗いに行っておきましょう」と提案されるのですが、yasucoさんは(この状態でトイレ行けるのか?)と困惑。

 

「絶対行ったほうがいいですか?」とダメ元で質問すると、「そうですね。行ったほうがいいですね」とキッパリ答える助産師さん。

 

そこで、yasucoさんは痛みに耐えながらも、トイレに行くことにしたのですが……!?

 

どうやってトイレ行こう!? 頭の中で必死に試行錯誤

初産分娩3時間のお産 8

 

初産分娩3時間のお産 8

 

初産分娩3時間のお産 8

 

 

初産分娩3時間のお産 8

 

初産分娩3時間のお産 8

 

初産分娩3時間のお産 8

 

yasucoさんは陣痛が遠のいた隙にトイレに駆け込むことに。

 

頭の中ではいつ陣痛が襲ってくるかわからないので、

(早くしないと!)と終始焦っていました。

 

急いで古いナプキンを新しい物に着け替えます。

 

すると次の瞬間、(次の陣痛が来る……!)とパニックに!

 

しかし、使用済みナプキンを回収できていないというこの状況……。

 

ただ、もうyasucoさんに時間は残されておらず、

「回収無理っ! ごめんなさいぃぃ(泣)」と、

落としてしまったナプキンを回収できずにトイレをあとにすることに。

 

「すみません! 使用済みのナプキンをトイレに置いてきてしまいました」

 

突然襲ってきた陣痛に必死に耐えながらも、

助産師さんにそう伝えると、「全然いいですよ~」と、

やさしい言葉をかけてくれたのでした。

 

 

陣痛はコントロールできるものではないので、今回のナプキンの件は仕方がないと思いました。助産師さんに伝えると「全然いいですよ~」という返事が返ってたとのことですが、yasucoさんの気持ちをくみ取ってくれるやさしい助産師さんでよかったですね。

 


監修/助産師 REIKO 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターyasuco

    2017年生まれの娘のママで、3人家族! 出産マンガや育児マンガを始め、イラストなども描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    8 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶