記事サムネイル画像

「えっ、抜けない?」抗がん剤治療による脱毛に腹をくくったけれど #子宮頸がんゆる闘病記 33

「子宮頸がんゆる闘病記」第33話。2015年に子宮頸がんが判明した、とりだまり まどさんの体験を描いたマンガ。おなかの膨らみに気付き、婦人科を受診。その後、がんの専門病院で詳しい検査をすると子宮頸がんと診断されました。手術をおこない、無事に退院。その後、抗がん剤治療をすることになり、いろいろ準備をしたのですが……。

この記事の監修者
監修者プロファイル

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
19 クリップ

抗がん剤治療の前に、髪は短くしておいたほうが抜け毛のショックが少なくて掃除がラクだと聞いて、美容院でショートカットにしたとりだまりさん。そのほか、放射線の治療中に体がズレないようにするための「固定具」を作りました。

 

また、抗がん剤治療で「髪が抜ける」と聞いていたので、病院内にある美容院に行き、髪が抜けたら丸刈りにしてもらえるようにお願いしていたのですが……。

 

抗がん剤治療で髪が抜けると思っていたが…

子宮頸がんゆる闘病記 33

 

 

子宮頸がんゆる闘病記 33

 

私が入院していたのは、がん専門の病院だったので、院内美容院がありました。

 

髪の毛が残バラ状態で、外の美容室に行かなくていいというのは、何となく心強かったです。

 

 

子宮頸がんゆる闘病記 33

 

 

子宮頸がんゆる闘病記 33

 

3日間も生理食塩水を点滴するのは、「シスプラチン」という抗がん剤を使うから。

 

婦人科系のがんに用いる、他の抗がん剤の場合は、こんなに何日も生理食塩水を点滴しないようです。

 

私の場合は、「シスプラチン」を次のような感じで投与しました。

 

 

子宮頸がんゆる闘病記 33

 

 

子宮頸がんゆる闘病記 33

 

がんの種類・ステージ・患者さんの体重などによって、使う抗がん剤の種類・量・投薬期間が異なります。

 

ですから、「抗がん剤治療」とひと口に言っても、患者さんによってすることがかなり違うんです。

 

そういうことって、実際に治療してみなきゃわからないですよね。

 

さらに私の場合、全28回の放射線治療があり、月曜日~金曜日に、連日何かしらの治療をするため、少なくとも放射線治療が終わる1カ月半程度、入院することになりました。

 

通院治療ができる方がうらやましいなと思っていましたが、実際に入院してみたら、連日通うよりはだいぶラクでした。

 

 

子宮頸がんゆる闘病記 33

 

 

子宮頸がんゆる闘病記 33

 

私が今回受ける、「同時化学放射線療法(CCRT)」では、あんまり髪が抜けない!

 

そのことを知ったのは、抗がん剤治療をスタートする前日でした。

 

これまで抗がん剤治療を受けた人たちに聞いたら、みんな口をそろえて「きれいに抜けるよ!」って言っていたのに!

 

手術入院のときだって、周りで抗がん剤治療をしていた人は、たいてい抜けていたし、先生だって、「まぁ、髪は抜けますね」って言っていたのに……!

 

30万円のカツラを買う前で、マジでよかったです。

 

というわけで、抗がん剤治療をすることになったら、髪を切ったりウィッグを買ったりする前に、まず薬剤師さんに話を聞いてみることを心底おすすめします!

 

 

薬剤師さんに「髪はあまり抜けない」と言われたときは、頭の中が真っ白になったと、とりだまりさん。抗がん剤治療の直前ではありますが、高額なカツラを購入する前に知ることができてよかったですね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターとりだまり まど

    ライターのとりだまり まどさんが弱音を吐きつつゆるくつづる、子宮頸がんの記録「子宮頸がんゆる闘病記」

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →