「でたー!」父が運ばれた病院へ向かおうと夫に電話するも #預金資産ゼロの父が倒れた話 2

「預金資産ゼロの父が倒れた話」第2話。2児の母でありヲタクであるエェコさんによる、お父さんが倒れたときの話を描いたマンガを紹介します。「お父さんが倒れて救急車で運ばれた」と父の会社の社長から電話を受けたエェコさん。子どもたちを置いて行けず、サーフィンをしに出かけていた夫に連絡してみると……。

 

サーフィンをしに出かけていた夫に連絡してみる

#預金資産ゼロの父が倒れた話2

#預金資産ゼロの父が倒れた話2

#預金資産ゼロの父が倒れた話2

#預金資産ゼロの父が倒れた話2

 

#預金資産ゼロの父が倒れた話2

#預金資産ゼロの父が倒れた話2

#預金資産ゼロの父が倒れた話2

#預金資産ゼロの父が倒れた話2

 

父が倒れた日は平日で、2人の子どもたちは小学校へ行っていました。夫は仕事が休みだったので趣味のサーフィンをしに海へ。

 

電話がかかってきたのは12時ごろだったのですが、父が搬送された病院はわが家から電車で2時間の距離にあり、14時過ぎに帰宅する娘を迎え入れてあげることが不可能でした。

 

なので、夫に子どもたちの面倒を頼みたいと思いました。しかし、サーフィン中はスマホを持っていないので、電話に出てくれるかどうかわからず……。

 

夫と連絡が取れなければ、子どもたちを早退させて一緒に病院へ行くしかないと思いました。

 

幸いにも夫は休憩中だったようで、子どもたちが帰る前に帰ってもらうようにお願いできました!

 

子どもたちをどうするかの問題が解決したので父が搬送された病院へ向かいました。

 

どんな倒れ方をしたのか聞いていなかったので、このときは「日ごろの不摂生が響いたんだろうな」と楽観的な気持ちでいました。

 

ー--------------

 

無事夫と連絡が取れ、子どもたちのことをお願いできたエェコさん。何かあったときに自分だけではなく、家族のことも考えなければいけないのは大変ですよね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターエェコ

    長男(2009年生まれ)と長女(2014年生まれ)を持つヲタママ。妊娠コミックエッセイ『腐女子な私が、母親に!?』がKADOKAWAから発売中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶