「私も下手に…」謎メッセージを送っていたのは母&義母だけでなく… #ときめけBBA塾 121

イラストレーターの和田フミ江さんによる連載マンガです。40代に突入した和田さんの日常エピソードをご紹介!母&義母から携帯に届くメッセージは打ち間違いが多いなと思っていた和田さん。けれど、自分も急に入力が下手になった気がして……。

 

メッセージの入力が下手になった気がして…

ときめけBBA塾 121

ときめけBBA塾 121

 

ときめけBBA塾 121
私の母も夫の母もスマホを使用しているのですが、入力が苦手なのか、老眼だからか、ただ単におっちょこちょいなのか、割と頻繁に文字の打ち間違えをしてきます。

一文字足りなかったり、逆に多かったり、必要のないところに濁点が付いていたり、変なところで改行していたり……。

文章の意味がわからず、夫や娘と「これ、どういう意味だと思う?」と推理合戦を繰り広げることも、たまにあります。

そんな母たちの様子をひとごとのように見ていた私。

しかし、最近私自身も、スマホでメッセージを打つとき思ったように入力できず、イラッとすることが増えてきました。

とにかく押し間違いが多く、それを訂正しようとしてまたおかしな変換をしてしまったり、一文字多く削除してしまったり、メッセージを作成するのに以前より時間がかかります。

それでも母たちのような打ち間違いはしていないと内心思っていました。

けれど、先日娘たちから私のメッセージもまあまあ間違えていること、気をつかって(?)あえて指摘しないでおいたことを告げられ、ガックリ。

そうか、もうとっくに間違えていたのか……。

改めて文章を見直してみても、娘たちのようにパッと間違いに気付けないところにも、加齢を感じてしまいました。

これからは娘たちに気を使われないように、しっかり見直してからメッセージを送信したいと思います。
私の母も夫の母もスマホを使用しているのですが、入力が苦手なのか、老眼だからか、ただ単におっちょこちょいなのか、割と頻繁に文字の打ち間違えをしてきます。

一文字足りなかったり、逆に多かったり、必要のないところに濁点が付いていたり、変なところで改行していたり……。

文章の意味がわからず、夫や娘と「これ、どういう意味だと思う?」と推理合戦を繰り広げることも、たまにあります。

そんな母たちの様子をひとごとのように見ていた私。

しかし、最近私自身も、スマホでメッセージを打つとき思ったように入力できず、イラッとすることが増えてきました。

とにかく押し間違いが多く、それを訂正しようとしてまたおかしな変換をしてしまったり、一文字多く削除してしまったり、メッセージを作成するのに以前より時間がかかります。

それでも母たちのような打ち間違いはしていないと内心思っていました。

けれど、先日娘たちから私のメッセージもまあまあ間違えていること、気をつかって(?)あえて指摘しないでおいたことを告げられ、ガックリ。

そうか、もうとっくに間違えていたのか……。

改めて文章を見直してみても、娘たちのようにパッと間違いに気付けないところにも、加齢を感じてしまいました。

これからは娘たちに気を使われないように、しっかり見直してからメッセージを送信したいと思います。

 

私の母も夫の母もスマホを使用しているのですが、入力が苦手なのか、老眼だからか、ただ単におっちょこちょいなのか、割と頻繁に文字の打ち間違えをしてきます。

 

一文字足りなかったり、逆に多かったり、必要のないところに濁点が付いていたり、変なところで改行していたり……。

 

文章の意味がわからず、夫や娘と「これ、どういう意味だと思う?」と推理合戦を繰り広げることも、たまにあります。

 

そんな母たちの様子をひとごとのように見ていた私。

 

しかし、最近私自身も、スマホでメッセージを打つとき思ったように入力できず、イラッとすることが増えてきました。

 

とにかく押し間違いが多く、それを訂正しようとしてまたおかしな変換をしてしまったり、一文字多く削除してしまったり、メッセージを作成するのに以前より時間がかかります。

 

それでも母たちのような打ち間違いはしていないと内心思っていました。

 

けれど、先日娘たちから私のメッセージもまあまあ間違えていること、気をつかって(?)あえて指摘しないでおいたことを告げられ、ガックリ。

 

そうか、もうとっくに間違えていたのか……。

 

改めて文章を見直してみても、娘たちのようにパッと間違いに気付けないところにも、加齢を感じてしまいました。

 

これからは娘たちに気をつかわれないように、しっかり見直してからメッセージを送信したいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター和田フミ江

    姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    7 クリップ
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶