「…しなければよかった」結婚式翌日に後悔。散らかった部屋が引き金に!?

私と彼は結婚前に約10年の交際期間があり、そのほとんどの期間、同棲をしていました。「同棲していたら結婚してもしなくてもあまり変わらないよね」という話になった私たちでしたが、メリハリをつけるために10年目の記念日にやっと籍を入れたのです。しかし、後にこんなに長く同棲しなければよかったと後悔することに……!?

「…しなければよかった」結婚式翌日、自宅で後悔。散らかった部屋が引き金に!?

 

付き合って半年で同棲…そこから10年

彼と同棲をする前、彼は週末、私の住むアパートまで車で45分もかけて通ってくれていました。しかし、それが面倒になったのか、彼から「一緒に住もう」という提案が。付き合い始めてまだ半年ほどだったため、「同棲はまだ早いかな……」という気持ちがありましたが、彼になかば押し切られるようなかたちで同棲することに!

 

同棲を始めてすぐのころは、食の好みや生活スタイルがまるで違い、私たちは喧嘩ばかりしていました。それでもお互いに折り合いをつけて解決し、気がつけば付き合って10年という月日が経過していました。そして、10年という節目で私たちは入籍し、結婚式を挙げることにしたのです。

 

結婚後の新婚感はゼロ

ようやくプロポーズされたことがうれしくて、結婚式の準備をしているとき、私は有頂天でした。結婚式当日は、家族や友だちに祝福されて、とてもすてきな式に。

 

しかし、結婚式が終わった次の日、自宅に帰ると目の前に広がっていたのは「ものが散乱して散らかった部屋」。「そうだ、彼は片付けられない人だった……」と幸せだった気持ちが消え、私は一気に現実に引き戻されてしまいました。

 

せめて掃除くらいしておけばよかった……と後悔したのを覚えています。おそらく、そのときの私は結婚式で気持ちが高まりすぎていたところに、一気に現実を見たことで、どこか「燃え尽き症候群」のようになってしまったのだと思います。

 

それでも理想のプロセスがあった

なぜ燃え尽き症候群になってしまったのか、部屋が汚くて現実に戻されたこともありますが、10年の交際期間で「結婚」に対しての憧れが強くなりすぎて「プロポーズ・入籍・結婚式」という3つが私の中で「結婚のゴール」になっていたことも一因だったと思います。

 

結婚式の後のことなんてまったく考えていなかった私は、すっかり脱力してしまいました。また、「結婚したら子どもがほしい」という思いを交際中から今もずっと抱いていますが、まだ子どもを授かることはなく、私は32歳になりました。周囲では2人目の子どもを生んでいる友だちもいて、気持ちばかりが焦っています。

 

 

結婚前に同棲をしたことで、彼の性格や価値観を知ることができました。しかし、長く同棲していたことで、自分の中で「結婚」への憧れが大きくなりすぎてしまっていたのだとも感じました。結婚式という自分の中の「結婚のゴール」を迎えたことで、どこか現実とのギャップも大きくなってしまった。長く同棲していたことを、今では少し後悔しています。

 

著者/池森りえ
イラスト/ののぱ

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶