「母親なのになんて無力なんだろう」息子を見つけた瞬間、涙が溢れ出て… #息子が自閉症だと気付いたときの話 9

「息子が自閉症だと気付いたときの話」第9話。息子さんが1歳半になったころ、NEGIさんは発達に違和感を覚えるように……。同じことを何度言っても繰り返す、手を繋いでいられないなど、息子の行動がほかの子どもと違うことに気づいてしまったのです。

そして1歳半健診に行ったとき、その疑問は確信へと変わります。たつき君は走り回っていましたが、会場にいたほかの子ども達は落ち着いてママの膝の上に座ったり、落ち着いて絵本を読んでいたからです。その夜、NEGIさんは今までずっと考えないようにしていたことをスマートフォンで調べ始めるのでした。

今まで通りたつき君のことをかわいいと思えるのか。

 

今まで通り愛せるのか。

 

この2つの疑問が、NEGIさんの頭をよぎってしまいました。

 

(そんなことを考えてしまう時点で、母親失格なんじゃないか?)

 

不安で押しつぶされそうになりながらも、問題行動の解決策が分からないことに対して落胆するのでした。

 

それからたつき君の行動が理解できないと困惑しながらも、ひとまず2歳になるまでは様子見にしようと決意することに……。

 

そんなある日、たつき君と一緒にスーパーに来ていたNEGIさん。

 

しかしスーパーに入った瞬間、たつき君は一目散に走り出してしまったのです。

 

NEGIさんは慌てて追いかけるのですが、たつき君の姿を見失ってしまいます。

 

すると、業者のお兄さんがやってきて、「その子ならさっき裏から出て行く所をすれ違いましたけど……」という言葉をかけてくれました。

 

業者のお兄さんの言葉を聞いて、ホッとしたのも束の間。

 

ドラッグストアの周辺の情報をとっさに思い出したNEGIさんは、(裏口の先には従業員や関係者の駐車場があり、交通量の多い道路がある……。もしかして……)と一瞬パニックになってしまいます。

 

ところがその後、駐車場にひとりで座り込み、静かに遊んでいるたつき君を見つけることに……!!

 

その姿を目にすると、安心感と張りつめていた緊張感が一気に緩み、膝から崩れ落ちてしまったのでした……。

 

膝から崩れ落ちてしまい、涙が止まらなくて…

 #息子が自閉症だと気付いたときの話 9

 

 #息子が自閉症だと気付いたときの話 9

 

 #息子が自閉症だと気付いたときの話 9

 

 

 #息子が自閉症だと気付いたときの話 9

 

#息子が自閉症だと気付いたときの話 9

 

 

 #息子が自閉症だと気付いたときの話 9

 #息子が自閉症だと気付いたときの話 9

 

 #息子が自閉症だと気付いたときの話 9

 

 

 #息子が自閉症だと気付いたときの話 9

「ドラッグストアにいだんですぅぅぅ~!!」

 

「うんうん。見つかって良かったですね!」

 

NEGIさんの状況を察した見知らぬ女性が、声をかけてくれました。

 

(無事に見つかったのはただ運が良かっただけで、

私は何もできなかった。母親なのになんて無力なんだろう……)

 

そう思うと、思わず泣き崩れるNEGIさん。

 

すると、たつき君が走ってきて、NEGIさんの目の前に顔を近づけます。

 

じーっと不思議そうな顔で見つめるたつき君。

 

そんな息子の様子を見て、NEGIさんは新たにたつき君のことを、

自閉症のことを"もっと知りたい"という新たな気持ちが芽生えたのでした。

 

このことがキッカケとなり、

発達相談窓口へ連絡することに……。

 

そして、早めに療育を始めることになったのでした。

 

◇   ◇   ◇

 

一時期は"息子さんのことを愛せるのか?"という不安があったものの、今回の一件を通して「自閉症のことをもっと知りたい」と思えるようになったNEGIさん。危機一髪の状況を乗り越えたことで、たつき君を守りたいという新しい気持ちが芽生え、前に進むキッカケとなったようで本当に良かったですね。早めの療育を受けることは、たつき君にとってプラスのことだと思うので、そちらも結果的には良かったのではないでしょうか。皆さんはどう思いましたか?

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターNEGI

    知的障害を伴う自閉症長男との日常漫画を投稿中。Instagramやブログを中心に、過去と現在の話や日々のおもしろ話を描いてます!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      母親だって人間だ。 最近 上の子の保育園に送って 下の子の保育園送った気になってた ってお父さんのニュースあったけどさ 私も子供の保育園バラバラで 毎日送り迎えしてたら あれっ?今日送ってったよね?… もっと見る
      母親だって人間だ。

      最近
      上の子の保育園に送って
      下の子の保育園送った気になってた
      ってお父さんのニュースあったけどさ
      私も子供の保育園バラバラで
      毎日送り迎えしてたら
      あれっ?今日送ってったよね?
      ってなるかも。

      保育園には兄弟姉妹
      みんな同じところに入れてあげたら
      一番安全な気がするよ。
      バラバラでも良いってシステムをなくそうよ。
      こどもたちの未来のために。
      バラバラでも良いから働きたい
      って親もいると思うけど
      子供の命とお金を天秤にかけたら
      どちらが大切かなんてわかるじゃん。
      各役所が
      バラバラにさせないシステムを作って欲しいなあ。
      子供が多い家庭の優先枠つくるとかさ。
      +15 -1

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶