「ピチョン」何の音?また出血かと思って確認してみると… #切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話 24

「切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話」第24話。あおばさんが上の子どもを妊娠中のとき、切迫早産で入院することになったお話です。

 

「ピコン」とスマホが鳴り、また辛田さんからメールがきたのかと思ったあおばさん。


しかし、通知を見てみると……。約1年ぶりに美山さんからメールがきたのです!

 

美山さんは、予定日より2カ月早く出産したと言いました。そして、すぐに娘さんの写真を送ってきてくれました。

 

後日、美山さんと会うことになったあおばさん。美山さんから、会えていなかった1年間の話を聞きました。

 

美山さんは、転院先の病院でも入院中に出血を繰り返していて、妊娠32週の夜中に破水をしてしまったようで……?

あともうちょっとだけおなかの中にいてね

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話24

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話24

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話24

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話24

 

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話24

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話24

 

転院先の病院でもたびたび出血があった美山さんですが、入院中に32週を迎えられ、ガッツポーズ。

 

「あともうちょっとだけ、おなかの中にいてね」

 

そう、おなかの赤ちゃんに語りかけました。

 

しかしその数日後、夜中に「ピチョン」という音で目が覚めました。

 

美山さんは寝ぼけながら、出血したのかと思いトイレで確認しましたが、血は出ておらず少し濡れていました。

 

気のせいかと思い、そのまま部屋に戻ろうと歩き出した瞬間、あたたかい何かが足の間を伝っていったのです……。

 

◇   ◇   ◇

 

美山さん、もしかして破水したのでしょうか……。助産師さん曰く、破水は人ぞれぞれで、破水した瞬間にわかることもあれば、尿漏れと区別がつかないなど、自分では破水かどうかの判断も難しい場合もあるそうです。そのため、自宅や外出先で破水したかもしれないと思ったときは、産院に連絡して指示を仰ぐことが大切なのだそう。いざというときのために、診察券番号や予定日などを控えておくと焦らずに連絡ができそうですね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターあおば

    ワーママで2児の母。毎日なんとかなるさ精神で生きています。精神安定剤はココア。主にブログとインスタを中心にマンガを投稿中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    25 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶