陣痛がきてしまい緊急帝王切開に。無事に生まれたけれど産声が… #切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話 25

「切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話」第25話。あおばさんが上の子どもを妊娠中のとき、切迫早産で入院することになったお話です。

 

転院先の病院でもたびたび出血があった美山さんですが、入院中に32週を迎えられ、ホッとしていました。

 

しかしその数日後、夜中に「ピチョン」という音で目が覚めたのです。

 

美山さんは寝ぼけながら、出血したのかと思いトイレで確認しましたが、血は出ておらず少し濡れていました。

 

気のせいかと思い、そのまま部屋に戻ろうと歩き出した瞬間、あたたかい何かが足の間を伝っていったのです……。

これってもしかして破水…?

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話25

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話25

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話25

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話25

 

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話25

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話25

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話25

 

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話25

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話25

あおば25n1

 

あおば25n2

 

美山さんの頭の中に、「破水」の文字が浮かびました。

 

頭が真っ白になり、その場で立ちすくんでいた美山さんにトイレに来た妊婦さんが気づき、看護師さんを呼んでくれました。

 

診察してもらうと、破水していることが判明。陣痛がこないことを祈り、34週まで静かに待つことしかできませんでした。

 

しかし、陣痛がきてしまい帝王切開の手術をすることに。手術室で「赤ちゃん産まれます」と言われ、おなかをグッと押されました。

 

すると、赤ちゃんが取り上げられ、あおばさんは「おめでとうございます。女の子ですよ」と言われました。しかし、赤ちゃんの産声が聞こえてこなかったのです。

 

美山さんが「先せ……」と言いかけると、「ほぎゃあぁっ」という赤ちゃんの産声が!

 

このときの産声を美山さんは一生忘れないと言いました。
 

◇   ◇   ◇

 

32週で破水してしまい、さらには陣痛まできてしまった美山さん。無事に赤ちゃんが生まれて産声が聞こえて良かったですね。不安でいっぱいだったからこそ、いっそう、産声が感慨深かったのかもしれませんね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターあおば

    ワーママで2児の母。毎日なんとかなるさ精神で生きています。精神安定剤はココア。主にブログとインスタを中心にマンガを投稿中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶