帝王切開後、思わず涙した医師の言葉とは… #切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話 26

「切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話」第26話。あおばさんが上の子どもを妊娠中のとき、切迫早産で入院することになったお話です。

 

あたたかい何かが足の間を伝っていったとき、破水してしまったのかと思い、頭が真っ白になってその場で立ちすくんでしまった美山さん。

 

トイレに来た妊婦さんが美山さんに気づき、看護師さんを呼んでくれました。

 

診察してもらうと、破水していることが判明。美山さんは、陣痛がこないことを祈り、34週まで静かに待つことしかできませんでした。

 

しかし、陣痛がきてしまい帝王切開の手術をすることに。手術は成功し、無事に赤ちゃんは生まれてきたものの、産声がなかなか聞こえてきません。

 

美山さんが「先せ……」と言いかけると、「ほぎゃあぁっ」という赤ちゃんの産声が!

 

このときの産声を美山さんは一生忘れないと言いました。

もうダメかもって思ったこともあったけれど…

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話26

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話26

 

あおば26話健診修正済

 

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話26

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話26

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話26

 

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話26

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話26

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話26

 

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話26

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話26

 

切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話26

 

美山さんの胎盤を見た先生は、「あまり良い状態じゃなかったから、今出た方が良いって赤ちゃんが思って、今日生まれてきてくれたのかもね」と、言いました。

 

先生の言葉は美山さんの心に響きました。

 

美山さんは、赤ちゃんがNICU(新生児集中治療室)にいるとき、何度も申し訳なさと孤独感に押しつぶされそうになっていました。しかし、たくさんの人に支えられて娘が生きてる今があることに感謝していると言います。

 

そんな美山さんに、あおばさんは笑顔で「改めて、ご出産おめでとうございます」と伝えました。


そして、「保育園どこに通っているの〜?」という話になったとき、あおばさんのスマホに、以前入院先で同室だった辛田さんから着信連絡がきたのです……。

 

◇   ◇   ◇

 

美山さんは、あおばさんが知らなかった1年間の中で、大変な日々を過ごしていた様子。美山さんのお話を聞くと、医師や看護師さんからの励ましの言葉に支えられたということがわかりますね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターあおば

    ワーママで2児の母。毎日なんとかなるさ精神で生きています。精神安定剤はココア。主にブログとインスタを中心にマンガを投稿中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    25 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶