「ピルか漢方か」生理痛を緩和したい!医師の説明を受けて私が選んだのは… #生理痛で漢方 10

【生理痛で死にかけて漢方を飲んでみた 第10話】ある日の朝、ベッドから体を起こそうとすると、左の脇腹から下腹部にかけて、「ビキーッ!!」と電撃が走るような激痛に襲われたむぅこさん。「内臓に異常があったらどうしよう」と不安になったむぅこさんは病院を受診し、検査を受けたのですが……。

【前回のあらすじ】2カ月続けて、左脇腹から左下腹部にかけて「ビキーッ」と謎の激痛に襲われた、むぅこさん。子宮の異常を疑って婦人科に行ったのですが、検査結果は異常なし。もともと体が冷えやすい体質だったことから、「夏場だけど冷房負けしたのかなぁ」と推測しましたが、原因はわからず。すると、医師から「漢方を試してみます?」と提案があり……。

 

低用量ピルと漢方で迷った結果…

「ピルか漢方か」生理痛を緩和したい!医師の説明を受けて私が選んだのは… #生理痛で漢方 10

 

「ピルか漢方か」生理痛を緩和したい!医師の説明を受けて私が選んだのは… #生理痛で漢方 10

 

「ピルか漢方か」生理痛を緩和したい!医師の説明を受けて私が選んだのは… #生理痛で漢方 10

 

※イラストは28日間連続で服用する低用量ピルをイメージして描いていますが、21日間服用して7日間休薬する低用量ピルもあります。

 

「ピルか漢方か」生理痛を緩和したい!医師の説明を受けて私が選んだのは… #生理痛で漢方 10

 

※課粒→顆粒

 

「ピルか漢方か」生理痛を緩和したい!医師の説明を受けて私が選んだのは… #生理痛で漢方 10

 

「ピルか漢方か」生理痛を緩和したい!医師の説明を受けて私が選んだのは… #生理痛で漢方 10

 

医師から低用量ピルと漢方の違いについて教わった、むぅこさん。低用量ピルも漢方も、生理痛がひどかったり、生理周期が不安定だったりする場合に処方されるとのこと。どちらにするか選ぶ際、一番のポイントとなるのは、早期に妊娠を希望するかどうかだそうです。妊娠を希望していない場合は、両者の細かい違いを比較して選ぶことになりそうですね。

 

医師に「漢方が体質的に大丈夫かどうか試してみますか?」と言われたむぅこさん。低用量ピルに比べて漢方のほうが生理痛緩和の効果が出るのは遅いものの、まずはお試しで漢方を飲んでみることにしたのでした。

 

監修/助産師 REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターむぅこ

    30代の夫婦二人暮らし。日常のことをなんでもネタにしてる雑食エッセイ漫画。ライブドアでブログ描いてます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶