「退院後、初の検査で…」親子で迎えたドキドキの検査当日 #1歳の娘と一緒に入院した話 11

【1歳の娘と一緒に入院した話 第11話】川崎病と診断された生後11カ月のあ~ちゃんは、長い治療を終え、無事に退院。1カ月の自宅療養を経て退院後初の検査に訪れたときのお話。

この記事の監修者

医師松井 潔 先生
小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長

愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
27 クリップ

 

入院生活を無事に終え、1カ月の自宅療養に入った娘のあ~ちゃん。その間、ゆかあさんも1カ月間仕事を休むことになりましたが、周りの理解もあって、安心してあ~ちゃんと過ごすことができました。そしてついに仕事復帰の前日、あ~ちゃんの検査日に……!?

 

あ~ちゃん完全復活!?

#1歳の娘と一緒に入院した話 11

 

#1歳の娘と一緒に入院した話 11

 

#1歳の娘と一緒に入院した話 11

 

#1歳の娘と一緒に入院した話 11

 

 

#1歳の娘と一緒に入院した話 11

 

#1歳の娘と一緒に入院した話 11

 

#1歳の娘と一緒に入院した話 11

 

#1歳の娘と一緒に入院した話 11

 

#1歳の娘と一緒に入院した話 11

 

1カ月間の自宅療養を経て、ゆかあさんが仕事復帰する前日、あ~ちゃんの退院後初の検査日を迎えました。お昼寝後のあ~ちゃんは絶好調。心配だった検査も無事に終え、あ~ちゃんの保育園復帰も決まってホッとするゆかあさん。でも、薬が効いているときの歩きたい盛りのあ~ちゃんから目が離せません。

 

自宅に帰ってからもあ~ちゃんはとても元気で、翌日から仕事復帰を迎えるゆかあさんを悩ませるのでした。まだまだ心配なことも多いところですが、何より子どもの元気な姿を見られることが、ママにとって一番の幸せですよね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターゆかあさん

    3人の子育て中のワーキングマザーです。怒らない育児に憧れを抱いているけど実践できていない短気な母です。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶