記事サムネイル画像

「ごめんね、何もしてあげられなくて」日本を出る直前、母がポロポロと泣き出しー!? #0日婚 33

【0日婚〜交際0日で結婚した話〜 33話】26歳のレイナは30歳を目前にして会社を退職!故郷から遠く離れた土地で、念願だったリゾートバイトを始めることに。過去の苦い恋愛経験に加え、アラサーとなった彼女は「おひとりさま万歳!」と結婚を諦めかけていたのですが、バイト先で出会ったある男性に、いきなり「俺と結婚しない?」と言われ……!?

【前回のあらすじ】結婚に猛反対するレイナの両親に会いに行き、ヤマトの必死な説得により、なんとか結婚を認めてもらった二人。こうして親公認のもと、二人はヤマトの新たな職場となる、サウジアラビアへ移り住むこととなりました。約2週間後に迫った海外渡航に向けて、レイナはバタバタと準備を進めていたのですが……。

 

出発が延期になったと告げると、母が…

「ごめんね、何もしてあげられなくて」日本を出る直前、母がポロポロと泣き出しー!? #0日婚 33

 

「ごめんね、何もしてあげられなくて」日本を出る直前、母がポロポロと泣き出しー!? #0日婚 33

 

「ごめんね、何もしてあげられなくて」日本を出る直前、母がポロポロと泣き出しー!? #0日婚 33

 

「ごめんね、何もしてあげられなくて」日本を出る直前、母がポロポロと泣き出しー!? #0日婚 33

 

「ごめんね、何もしてあげられなくて」日本を出る直前、母がポロポロと泣き出しー!? #0日婚 33

 

「ごめんね、何もしてあげられなくて」日本を出る直前、母がポロポロと泣き出しー!? #0日婚 33

 

「ごめんね、何もしてあげられなくて」日本を出る直前、母がポロポロと泣き出しー!? #0日婚 33

 

「ごめんね、何もしてあげられなくて」日本を出る直前、母がポロポロと泣き出しー!? #0日婚 33

 

「ごめんね、何もしてあげられなくて」日本を出る直前、母がポロポロと泣き出しー!? #0日婚 33

 

サウジアラビアへの渡航前の数日間は、お母さんの家で寝泊まりしていたレイナ。役所での面倒な手続きをすべて済ませ、あとは荷物を詰めるだけの状態に。準備でずっとバタバタしていたレイナは、「どこかで時間を作って、もっとお母さんと話しておけばよかったなぁ。これでお別れなんてさみしいな」と考えていました。

 

そんななか、出発前日になってヤマトから「フライトが延期になった」との連絡が!

 

「コロナの影響だったら仕方ないかあ」と思いつつ、レイナはお母さんに「出発が延期になったから、あと2〜3日だけここにいてもいい?」と聞いてみました。すると……

 

なんと、あんなに結婚に猛反対していたお母さんが、「ごめんね、急にさみしくなっちゃって……」とポロポロと泣き出したのです!

 

子ども時代のレイナは、「自分は本当にお母さんに愛されているのかな?」と感じていました。そのお母さんが、今になって「あんたには何もしてやれなかったから……ごめんね」と言って、涙を見せたのです。

 

普段は気が強いお母さんが泣く姿を見て、レイナは余計にさみしさが募ってしまったのだそうです。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターReina

    海外在住のアラサー。トラブル多めの人生。 blog、Instagramにてエッセイ漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶