「『子どものせい』みたいに言わないでよ!」夫の「2人目いらない」発言に妻は… #ソフロロジー分娩 産後クライシス編 2

【ソフロロジー分娩で長男を出産しました 産後クライシス編】第2話。おおやたまこさんは、結婚2年目で長男・のりまきくんを妊娠し、リラックスした状態で痛みを和らげてお産に臨むことを目的とするソフロロジー分娩を推奨している産院で出産しました。のりまきくんを出産後、おおやたまこさんは家事・育児の仕方を夫・たま夫さんに何度も教えましたが、してほしいことが伝わらず、さらに、たま夫さんの嫌なところばかり目に付くようになりました。そしておおやたまこさんは、たま夫さんに対して口調が強くなっていき……。

別に夫を非難したいわけじゃないのに…

家事を言った通りにしてくれないことや、なんでも「大丈夫だよ」と言う夫に苛立っていた私。

 

すると、「やること全部に文句を言われて、もう耐えられない」

 

「俺、子育て向かないよ」

 

「こんなに仲が悪くなるなら、2人目はいらない」

 

と夫から言われてしまい……。

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 2話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 2話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 2話

 

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 2話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 2話

 

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 2話

 

ソフロロジー分娩で長男を出産しました 2話

 

夫の愚痴を言いたいわけではないのですが、描いてたら当時のことを思い出したので、私が夫に対して、グッと堪えたことを少しだけ吐き出しました。

 

このときの私は「夫婦のため」というより、「自分のため」に物事を考えていたように思います。


のりまきくんが寝た後に皿洗いを始めた、たま夫さん。

そんなたま夫さんを見て、おおやたまこさんは「いまやったら、のりまきが起きるじゃん」と苛立ちました。

きっと、たま夫さんも「のりまきくんを育てる」という志は、おおやたまこさんと同じものを持っていると思うのですが、お互いの優先順位や感覚が違っているため、すれ違いが起きてしまっているのではないでしょうか。

 

みなさんも旦那さんと子育てする中で、おおやたまこさんとたま夫さんのように夫婦間のすれ違いを経験したことはありますか?

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターおおや たまこ

    のりまき(2020年4月生まれ)とおにぎり(2022年5月生まれ)の2歳差兄弟の育児に奮闘中。InstagramとTwitterでずぼら主婦と家族の日常をマンガでつづっている。普段は仕事でデザインやイラストを描いたりもしている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶